神戸市は、神戸の資源や魅力をデザインの視点で見つめなおし、磨きをかけることにより、新たな魅力と活力を創出し、くらしの豊かさを創造する都市戦略「デザイン都市・神戸」に取り組んでいます。
このたび、ユネスコ創造都市ネットワークデザイン都市」認定10 周年を記念して、東京以外では初となる、グッドデザイン賞展を神戸で開催します。
1957年に創設された「グッドデザイン賞」は、長年にわたり、私たちのライフスタイルと社会の変化に寄り添いながら「よいデザイン」を選び続けてきた、日本を代表するデザイン賞です。
神戸展では、最新の受賞対象の中でも特に優れた評価を与えられた「グッドデザインベスト100」を中心に、時代を超えて愛されてきた「ロングライフデザイン」や兵庫県内の受賞対象を紹介します。社会の課題に応え、幸せな未来をもたらす「グッドデザイン」の数々にぜひご注目ください。

GOOD DESIGN AWARD 神戸展
GOOD DESIGN AWARD 神戸展開催概要】
<会場>
神戸ファッション美術館神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
<会期>
平成30年11月23日(金曜・祝日)から12月24日(月曜・振休)まで
<開館時間>
10時18時(入館は17時30分まで)
<休館日>
月曜日(ただし12月24日は開館)
<入館料>
一般1,000円(800円)、大学生・65歳以上500円(400円)
高校生以下無料、カッコ内は30人以上の団体料金
<主催>
グッドデザイン賞神戸展実行委員会
神戸市、神戸ファッション美術館神戸新聞社
<特別協力>
公益財団法人日本デザイン振興会
<協力>
神戸芸術工科大学、大阪樟蔭女子大学
<後援>
経済産業省近畿経済産業局、兵庫県兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、神戸商工会議所、一般社団法人神戸経済同友会、特定非営利活動法人神戸デザイン協会、公益財団法人神戸ファッション協会、NHK神戸放送局、サンテレビジョンKiss FM KOBEラジオ関西

グッドデザイン賞とは
1957年創設の旧通商産業省によるグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)。
GOOD DESIGN AWARD 神戸展について
GOOD DESIGN AWARD 神戸展では、受賞対象の中でも特に優れた評価を与えられた「グッドデザインベスト100」を中心に、時代を超えて愛されてきた「ロングライフデザイン」や兵庫県内の受賞対象を紹介します。社会の課題に応え、幸せな未来をもたらす「グッドデザイン」の数々にぜひご注目ください。

テーマ 都市の明日をつくるデザイン

GOOD DESIGN AWARD 神戸展」の展示構成(展示予定品数)
※画像は展示対象のイメージです。展示対象や展示予定品数は変更となる場合があります。

1. LONG LIFE DESIGN (約50点)
一般推薦によりノミネートされるロングライフデザイン賞では、「日用品」として長く愛されてきたものが選ばれます。普段お家で使っている製品が展示されるかもしれません。
カップヌードル
関西ノートB5学習帳
Suica
2. GOOD DESIGN, GOOD FASHION(約10点)
工業製品のイメージが強いグッドデザイン賞ですが、服や靴などの「装身具」も選ばれています。機能的な素材を使用したものや、生活様式の変化が表れた受賞対象を展示します。
ジュニア用軟式プロテクター・BPP570
ストレスフリー アクティブ学校制服
ブルーシードバッグ
3. GOOD DESIGN BEST100 (約100点)
1,000件を超える年間受賞対象の中でも特に高評価を得たものが「グッドデザインベスト100」として選出されます。2018年度に選ばれた「暮らしの未来」を更新する先進的なデザインが並びます。
ジムニー/ジムニーシエラ
アルケリス
フードハブ・プロジェクト
4.City of GOOD DESIGN (約30点)
キーワードは「様々な人が暮らしやすい都市」。近年の受賞対象の中から、神戸のクリエイティブ関係者が選んだ製品やサービスを、テーマごとに展示します。
WHILL Model C
SEND(センド)
HELLO GARDEN
5.GOOD DESIGN HYOGO (約10点)
兵庫県内のグッドデザイン賞受賞対象を紹介します。
KOBEパークレットの取り組み
断層用鋼管
<関連イベント
申込方法など詳細は「デザイン都市・神戸」ウェブサイト
https://design.city.kobe.lg.jp/
をご覧ください。

●記念講演会・トークイベント 5回
グッドデザイン賞の審査委員長をはじめ、審査委員を招いたトークイベントを開催します。
記念講演会
(1)齋藤精一審査副委員長
日時:平成30年11月23日(金曜・祝日)14時~15時30分
演題:「皆で良くしていくデザイン-総合力が生むグッドデザイン-」
(2)柴田文江審査委員長
日時:平成30年12月8日(土曜)14時~15時30分
演題:「美しいものごと-グッドデザインがもたらす可能性-」
トークイベント
(1)鈴木啓太審査委員・寳角光伸審査委員
日時:平成30年11月29日(木曜)17時19時
演題:「良いものをつくる良いデザイン
(2)岩佐十良審査委員・天宅正神戸市クリエイティブディレクター
日時:平成30年11月30日(金曜)19時10分~21時10分
演題:「都市の忘れもの-デザインがその土地でできること」
(3)伊藤香織審査委員ほか
日時:平成30年12月1日(土曜)17時17時50分
演題:「ウキウキ、デザイン都市」

●グッドデザイン模擬審査 3回
デザインをもっとよく理解するために、大学生高校生を対象に「グッドデザインベスト100」の模擬審査を実施します。
大学生向け(2回)
1.日時:平成30年11月25日(日曜)10時17時
講師:原田祐馬審査委員、グッドデザイン賞事務局
2.日時:平成30年12月15日(土曜)10時17時
講師:服部滋樹審査委員、原田祐馬審査委員、グッドデザイン賞事務局
高校生向け(1回)
日時:平成30年12月9日(日曜)13時~15時30分
講師:グッドデザイン賞事務局

●学生ギャラリートーク
・神戸芸術工科大学協力のもと、大学生がグッドデザインベスト100ツアー形式で紹介します。
・会期中の土・日14時~15時

GOOD DESIGN AWARD 神戸展」クリエイティブチームのご紹介
神戸展では4名の方を起用し、展示・空間をデザインしています

天宅 正(てんたく まさし)
(総合ディレクター神戸市クリエイティブディレクター
1978年神戸市出身。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業 同大学大学院デザイン科終了後、デザイン会社「ドラフト」を経て、2016年からフリー北海道・秋田・新潟・長野・東京銀座・島根など、様々な地域にてデザインでの貢献に取り組む。2017年6月より神戸市役所2人目のクリエイティブディレクターとして就任。
天宅 正
久慈 達也(くじ たつや)
(キュレーション・空間構成/デザイン・リサーチャー)
DESIGN MUSEUM LAB
1978年青森市出身。東北大学大学院国際文化研究科博士課程を中退後、神戸芸術工科大学図書館研究員を経て、2012年デザイン専門の展覧会企画・編集事務所DMLを設立。展覧会企画や原稿執筆のほか、デザインに関する講演や講座も担当している。
久慈 達也
近藤 聡(こんどう さとし
(アートディレクション/グラフィックデザイナー
明後日デザイン制作所
1976年大阪府出身。神戸大学発達科学部卒業、IMI(インターメディウム研究所)卒業。明後日デザイン制作所代表。解くべき問題の発見を重視し、グラフィックを中心としたデザインによる解決を目指す。神戸芸術工科大学、京都造形芸術大学非常勤講師。
近藤 聡
和田 武大(わだ たけひろ)
イベントワークショップデザイナー
株式会社デザインヒーロー
1982年神戸市出身。専門学校卒業後、デザイン制作会社を経て、2014年7月独立。グラフィックデザインを中心に、市民参加型イベントや教育現場などに活動の場を拡大しつつ、社会的なプロジェクトに関わる。デザインを広く見つめ直し、取組中。2009年より大阪デザイナー専門学校非常勤講師兼務。
和田 武大

配信元企業:神戸市

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ