ドコモヘルスケ株式会社東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉 正幸、以下ドコモヘルスケア)が提供する、睡眠の改善による従業員の生産性の向上を目的としたサービス「my sleep™」がNTTテクノクロス株式会社東京都港区、代表取締役社長:串間 和彦、以下NTTテクノクロス)に導入されました。

睡眠不足や睡眠の質の低下が、仕事のパフォーマンス低下、事故やミスの誘発のみならず、生活習慣病やメンタル疾患につながる可能性も明らかになってきており、睡眠の重要性が強く認識されるようになっています。しかし、日本人の睡眠時間は世界でも最低レベル※と言われているように、例えば「毎日同じ時間に寝るべき」などの間違った思い込みにより睡眠の質を低下させているのが現状です。
「my sleep」はウェアラブル活動量計とアプリを使い、1.睡眠の正しい知識を身に着け、2.自身の睡眠状態の記録・可視化を行い、3.短期・長期の睡眠傾向のフィードバックアドバイスを受けることで、自ら睡眠をマネジメントできるようになることを目指すプログラムです。

「従業員の生産性向上やプレゼンティーイズム対策を行ってきましたが、ITシステム業界は睡眠に課題のある従業員が多く、また睡眠は長期的に見ても従業員の健康に関係すると考え、睡眠課題の改善に焦点をあて、正しい知識が身につき実践できるようになる「my sleep」の導入にいたりました。」
NTTテクノクロスでは「my sleep」のプログラムの一環で、Webセミナーだけでなく企業における睡眠改善の第一人者である菅原洋平先生に登壇いただき、睡眠の正しい知識を身に着けるセミナーを実施しました。セミナーでは受講者から積極的に質問が出ており、睡眠への関心の高さが伺えました。引き続き、実際に睡眠状態を記録・把握しアドバイスを実践するプログラムを実施していきます。セミナーやアプリを使用している際に気になることがあった場合は、株式会社NTTドコモが提供する遠隔診療サービス「MediTel」によりチャットもしくはTV電話で、臨床心理士や保健師などに睡眠の相談ができる窓口を設けております。

今後もドコモヘルスケアは、多様な法人向けサービスで、企業の健康経営の推進をサポートしてまいります。

菅原洋平先生プロフィール
作業療法士。ユークロニア株式会社代表。国際医療福祉大学卒。
企業を対象に脳の仕組みを活用した人材開発を行う。
著書に「あなたの人生を変える睡眠の法則」(自由国民社)など多数。

通常勤務のみならず、交代制勤務に対して、個人、組織で取り組める対策の研修も多数実施。運輸業界では不規則な勤務への対策を研修し、事故率の低減を実現している。
・自己の特徴にあったフィードバックがもらえる
・8週間の学習と実践の繰り返しで、正しい知識に基づいた対策が身につく
プログラム終了後も持続的に自己の睡眠をマネジメントができるようになる
ビジネスパーソンでも簡単に実践できる目標・改善案を提供
「my sleep」ついて詳しくはこちら:
https://www.d-healthcare.co.jp/business/my-sleep/

■遠隔診療サービス「MediTel」について
「MediTel」は、患者がスマートフォンアプリを用いて、オンライン診察予約、医師とのテレビ電話による診察、クレジットカードによる診察料の決済のほか、自己管理用に日々の健康データを蓄積することが可能なサービスです。また、医師はウェブブラウザを通じて、健康に向けたアドバイステレビ電話による診察などが実現でき、患者と医師にとってオンライン診療をより身近で簡単にできるようになります。
詳しくはこちら:https://meditel.life/


ドコモヘルスケ株式会社について
・代表取締役社長: 和泉 正幸
・事業内容:身体・健康・医療に関わるデータを管理・活用・共有するプラットフォーム事業
・会社HP:https://www.d-healthcare.co.jp/


※OECD(経済協力開発機構)の調査
*「my sleep」はドコモヘルスケ株式会社の商標です。


【取材に関するお問い合わせ】
dhqpr-ml@d-healthcare.co.jp

【商品に関するお問い合わせ】
https://go.d-healthcare.co.jp/contact-form.html

配信元企業:ドコモヘルスケ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ