開幕目前HSBCチャンピオンズで3年前に起きた“悲劇の池ポチャ”とは

 米男子ゴルフの世界選手権シリーズHSBCチャンピオンズが25日に開幕する。松山英樹(レクサス)ら世界のトップが集う一戦を前にPGAツアーは3年前に起きた“ピン直撃後の悪夢”を動画付きで公開。ホールインワンチャンスが一転し、名手を襲った悪夢のシーンが再び脚光を浴び、米ファンを「何という哀れみ」「実在するストーリー」「冗談だろ」と唖然とさせている。

 あの悲劇が再びスポットライトを浴びている。PGAツアー公式インスタグラムが公開したのは、2015年HSBCチャンピオンズでダスティン・ジョンソン(米国)だった。8番ホールグリーンを狙うアプローチアイアンを振り抜いたショットはピンに一直線に向かった。完璧なコース。しかし、直後に悲劇が訪れた。

「ガシャン!」という衝突音がコースに響く。大きく手前にボールが跳ね返った。「オオー!」という悲鳴が沸き起こる。ただ、本当に問題だったのは、その後だ。コロコロと転がり、グリーンからこぼれると傾斜を下って勢いが止まらず。そして、なんとその先に待っていた池に無情にも吸い込まれてしまったのだ。

 呆然とした様子で見つめていたジョンソン。思わぬ悲劇に言葉もない様子だった。投稿は「最もアンラッキーブレークの一つ。あなたはこれまでゴルフコースで見たことはないでしょう」とつづり公開。すると、甦った悪夢にファンも唖然としている。

「実在するストーリー」「安らかに」「こんなことが起こってしまった」

「何という哀れみ」
「ハハハ、何が起こったんだ」
「実在するストーリー
「安らかに」
「こんなことが起こってしまった」
「この男をフォローして」
「クレイジー」
「バッドラック」
「Ohhhhh」
「冗談だろ」

 このようにコメントが殺到し、反響を呼んでいた。しかし、翌年には全米オープンを制し、グランドスラム王者となったジョンソン。今大会、初日はロリー・マキロイ(英国)、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)と同組でプレーする。かつてのような悪夢なく、優勝を遂げられるだろうか。(THE ANSWER編集部)

ダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】