shutterstock_666764593

先日、トランプ政権がトランスジェンダーの存在を否定する法案を検討中との報道がなされ、全世界から批判の声が上がっています。これを受け健康社会学者の河合薫さんは、自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、生物学的にXX=雌、XY=雄しか存在しないというのは誤りであることを専門家として解説し、今回のトランプ政権内の動きや新潮45誌上で展開された「LGBT生産性問題」がどれだけ的外れであるかを白日の下に晒しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』2018年10月24日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

米トランプ大統領「トランスジェンダーは認めない」発言の衝撃

「生まれた時の生物学的な性別から変更できないようにする」――。

こんな耳を疑うような法案をトランプ大統領が検討しているとニューヨークタイムズが報じました。

米保健福祉省が検討中の原案では、性別を「出生前または出生時に識別される、変わることがない生物学的な形質に基づき、男性または女性の身体的な状態」と定義し、年内にも正式に司法省に提出されるとのこと。もし、これが承認されれば…。米国に約140万人いるトランスジェンダー連邦政府から認知されなくなってしまいます

これまでもトランプ大統領にはさんざん驚かされてきましたが、失礼承知で言わせていただくと、これほど品格や倫理観の欠如した人が、アメリカ合衆国という大国の大統領でいいのか?というのが率直な感想です。

今回の方針は明らかに、オバマ前政権が進めた、生まれた時の体と心の性別が一致しない「トランスジェンダーを行政的に保護する動きに逆行するもので、中間選挙対策以外の何ものでもありません。

と同時に、トランプさんが就任してから、尻尾をフリフリさせ続けている「ジャイアンの威を借るスネ夫」が追従しないことを祈るばかりです。

新潮45の廃刊で一応「鎮火」した「LGBT生産性問題」。炎上の発端となった自民党杉田水脈議員のコラムが掲載されたとき二階俊博幹事長は「人それぞれ政治的な立場、いろんな人生観、考えがある」と発言。安倍首相も出演したテレビ番組で、「『あなた、お前、もう辞めろ』と言うのではなく、まだ若いですから、注意をしながら、仕事をしてもらいたい」と擁護していました。

さらに、「新潮45」最終号となった特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」に寄稿した文芸評論家小川栄太郎氏は、安倍首相の本を何冊も出版するなど、政権にかなり近い存在だとされています。