10月25日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)は、6回目となった「芸人ドラフト会議」。「日曜ゴールデンの冠番組を持つとしたら」という大テーマの下、MCを務める矢作兼(おぎやはぎ)、三村マサカズ(さまぁ~ず)、出川哲朗陣内智則が、番組ゲスト7人とアシスタントを誰にするかを発表。そんな中で、今回は出演していない、後藤輝基(フットボールアワー)のセンスに対する評価がSNSで急上昇する事態となった。

【写真を見る】三村の指名した“女性アシスタント”を「おじさんに優しい」と有吉弘行も絶賛した

今回出演したメンバーが1位・2位と手堅いメンバーを指名していく中で、3位の発表の前に司会の宮迫博之が「7年前、後藤が3位にノブ(千鳥)を入れてますね」と過去のデータを報告。

さらに「当時は、千鳥という存在自体全然なので、だからノブって言っても、お客さんもキョトンやし」と続け、当時のVTRが放送された。

そこでは、後藤が「アイツ(ノブ)はボケもできますし、トークもできますし。全国的になじみがないけど大阪では開花しています」とノブを高評価、有吉弘行が「サプライズ指名だね」と解説する様子が映し出された。

三村や矢作は「そういうのやりたい!」「俺が見つけたんだぞってやりたい」と発言するも、3位に指名したのは矢作は小籔千豊、三村は小木博明(おぎやはぎ)と、サプライズとは程遠いベテランを指名していた。

SNSでは「2011年にフット後藤さんが千鳥ノブを3位指名とか先見の明すげえわ」「7年前にノブさん指名の後藤さんかっこいいわ」「後藤はあまり有名じゃないときのノブ指名したんだよなぁ。凄いよな~」などと、後藤の株が急上昇する事態となっていた。

次回の「アメトーーク!」は11月1日(木)放送予定。「立ちトーク」に博多華丸バカリズムフットボールアワー後藤、ノンスタイル石田らが出演予定。(ザテレビジョン

後藤輝基の“先見の明”に注目が集まった