公務員の男性から性的被害を受け、筆者の元へ相談に来た29歳女性のケース。後編では、こうしたケースで泣き寝入りするケースが多い中、女性がどのようにして慰謝料を勝ち取ったのか、その経緯をご紹介します。

カメラ映像、DNA、診断書を要求され…

 現在も毎日のように悪夢でうなされているのに、現実の世界で同じ男に犯されることを心配しながら暮らしていかなければならないのです。不動産屋に鍵の交換を頼もうにも、理由を聞かれたら答えようがありません。玄関につっかえ棒を設置したものの、在宅中に男がインターフォンを鳴らさず鍵を開けて中に入ってくることを恐れ、外出するのは食料の調達だけでした。

 街中で他の男性とすれ違うだけで強姦(ごうかん)の記憶がフラッシュバックするので、例の男だけでなく、すべての男性に対して恐怖心を抱くようになり、結局、3週間もの長きにわたり、唯さんはほとんど外出することもままならず、仕事も休まざるをえませんでした。

ホームで電車に飛び降りそうになったことは何度もありました」

 唯さんは心理的に危険な状態に追い詰められていたのですが、何か行動を起こさなければ何も変わらないのも確かです。そこで、唯さんは勇気を振り絞って、公務員として働く男の仕事現場へ連絡したのです。

 受話器の向こうにいたのは男の上司を名乗る人物。「あなたと山口(男の名前)の言っていることが違う。山口はあなたに襲われたと言っている。きちんと根拠を示してもらえますか」とまくし立て、さらに「例えば、防犯カメラの映像とか衣服のDNAとか、病院の診断書とか。証明できるものを持っていますか」と畳みかけてきたのです。

 防犯カメラを室内に設置する一般家庭があるでしょうか。そして、男のDNAを採取できないのに、どうやって唯さんの衣服やベッドのシーツ、玄関のドアノブに付着したDNAと照合するのでしょうか。

 さらに言えば、婦人科医師が診断書に書くことができるのは症状だけ。事件の現場に居合わせたわけではないので、誰のせいなのか、「原因」にまで言及することは困難です。つまり、男の上司はそうしたことを証明できないことを知りつつ、「証明してみろ!」と詰め寄り、唯さんを諦めさせようと画策したのです。

 公務員の組織の多くは、厳しい上下関係で成り立っています。上司と部下はいわば一蓮托生。部下の不祥事は上司の責任にもなりうるので、上司が部下の「レイプ事件」を揉み消そうとするのは当然といえば当然です。結局、唯さんは慰謝料の「慰」の字も言えないまま「もういいです!」と電話を切ってしまったそうです。唯さんの気持ちを考えれば、再度、駐屯地へ電話をかけるよう促すのは難しいでしょう。

「手紙作戦」の5つのポイント

 しかし、このまま男に対して何もできないのは腹立たしい。何とか慰謝料を支払わせたい。そんな唯さんの気持ちに応えて、私は「男に手紙を送るのはどうでしょうか」と提案しました。男のフルネームと所属がわかるので手紙を送ることは可能です。

 この時、男が唯さんの名前を知っていたら、手紙が届いても「あの女だ!」と反射的に手紙を破り捨てるでしょうが、唯さんは自分の名前を名乗っておらず、男が知り得たのは自宅の表札(苗字)くらいだと推察されます。

 手紙の差出人がうろ覚えの女性なら「とりあえず開けてみよう」と開封し、中身を一読するかもしれません。そこで私は唯さんに「手紙作戦」を提案したのです。慰謝料を支払わせるための手紙作戦のポイントは「人事院への懲戒手続」「引っ越し費用等の上乗せ」「セカンドレイプの禁止」「原状回復できない現実」「守秘義務との引き換え」です。

 1つ目のポイントは「懲戒手続の予告」です。公務員は、公務員法によって、禁錮以上の刑に処された場合、失職します。例えば、国家公務員の場合は国家公務員法によって、禁錮以上の刑に処されると失職するのです。

参考)国家公務員法76条
職員が第38条各号の一(禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者)に該当するに至つたときは、人事院規則に定める場合を除いては、当然失職する。

 前述の通り、男の犯行は強制性交等罪に該当すると思われます。実刑となれば懲役5年以上です。今回の件が刑事裁判に発展し、男が懲役刑に処された場合、上記の「禁錮以上の刑」に該当するため失職は免れません。そして、刑事裁判が長引き、裁判係争の最中であっても懲戒手続を進めることが認められています。

参考)国家公務員法85条
懲戒に付せられるべき事件が、刑事裁判所に係属する間においても、人事院又は人事院の承認を経て任命権者は、同一事件について、適宜に、懲戒手続を進めることができる。この法律による懲戒処分は、当該職員が、同一又は関連の事件に関し、重ねて刑事上の訴追を受けることを妨げない。

 男はもしかすると、表向きは良識ある常識人だと周囲の人間から認識されているかもしれません。しかし、実際には非常識で非情で卑劣極まりない人間だと唯さんは言います。公務員という仕事から離れた途端、本性をあらわにするだろうと。

「男の本当の姿を知ってほしいんです」と涙ながらに訴える唯さんは、「万が一、男が慰謝料を支払わない場合、覚悟を決め、警察に事件のことを話す」という内容を手紙に書き込んだのです。

泣き寝入りするケースが少なくない中…

 2つ目は「慰謝料に引っ越し費用などを上乗せすること」です。

 事件当日の男の汗や体液は、ベッドシーツなどあらゆる場所に付着していたはずです。もちろん、洗濯できるものは洗濯しましたが、唯さんの記憶の中の「男のにおい」はいつまでも消えませんでした。そのにおいで吐き気を催すことも一度や二度ではなかったといいます。

 そのため、唯さんが今の家に住み、家財などを使い続けることは精神衛生上耐えられませんでした。別の市町村へ引っ越し、家財などをすべて買い替えることを決めたのですが、引っ越し費用(35万円)や家財などの購入費(37万円)がかかりました。これらの費用(計72万円)を慰謝料に上乗せし、唯さんの口座に振り込むよう求めたのです。

 3つ目は「セカンドレイプの禁止」です。被害者が加害者の責任を追及する過程で、加害者の言動によって精神的苦痛を強いられることをセカンドレイプと呼びます。例えば、男は「あれは酒の勢いで『事故』のようなものだろ」などと暴言を吐き、唯さんの傷口に塩を塗ろうとすることが予想されます。そのため、手紙の中で「慰謝料と直接関係のない反論をしてきた場合、一切聞くつもりはない。即刻、警察に申し出る」とくぎを刺しておいたのです。

 4つ目は「原状回復できない現実」ですが、唯さんが本当に望んでいるのは慰謝料よりも身体的・精神的苦痛の原状回復です。精神的苦痛は上記の通りですが、身体的苦痛も深刻です。唯さんは事件の翌日、婦人科病院へ駆け込み、局部の洗浄、薬の投与によるバイ菌の除去などの治療を施されたそうです。

 さらに、数日が経過すると局部の腫れや腹痛などの症状が出てきました。不快な症状は事件の夜を否応なく思い起こさせた、そうした精神的苦痛も慰謝料に含めた、と唯さんは言います。

 5つ目は「守秘義務との引き換え」です。男を徹底的にたたきのめすのなら、慰謝料を受け取った上で、懲戒手続を行うという手もあります。しかし、唯さんが望んでいるのは慰謝料だけ。慰謝料さえ支払わせれば、一刻も早く新天地で再出発したい、あの男を忘れたい、ということが最優先でした。そのため、男が慰謝料を支払えば、今回の事件について一切口外しないと約束することを手紙に書き添えたのです。

 さて、男は慰謝料を支払ったのか。結末は実にあっけないものでした。手紙を送って3日後、唯さんの口座に男の名前で請求通り100万円の慰謝料が振り込まれてきたそうです。男は失職して生活できなくなるのは避けたということなのでしょう。私はホッと安心しました。そして、唯さんは勇気を出して行動してよかったと心底思いました。

 通常、性暴力を受けた被害者は加害者の顔も見たくないし、声も聞きたくない。恐怖心も残っています。私がこれまで相談を受けた性犯罪被害の相談の中でも、結果的に泣き寝入りするケースも少なくありませんでした。しかし、だからといって今回のような加害者を放置し、何のとがめも責任も受けさせないまま放置したらどうなるか。男はきっとつけ上がり、似たような行動をするに違いありません。

 女性を尾行して自宅を突き止め、力づくで押さえつけて欲望を満たそうとするでしょう。おまけ公務員は、組織が強力で上司に泣きつけば揉み消してくれる。そんなふうに味をしめて別の女性を毒牙にかけるはずです。第二、第三の被害者を防いだという意味でも、唯さんの行動力や使命感、正義感は称賛すべきことなのではないでしょうか。

露木行政書士事務所代表 露木幸彦

「加害者=公務員男性」の相談者が少なくない