障害のある子供を抱えた2児のシングルマザーが、子供を遺して自らの命を絶った。然るべき機関からの適切な援助を受けることができなかった母親は、24時間介護が必要な娘への世話と生活苦に悩み、重いうつに陥っていたようだ。このほど死因審問が行われたが、娘を亡くした両親は法廷で悲しみを露わにした。『Mirror』『Manchester Evening News』などが伝えている。

グレーター・マンチスターのロッチデールに住むジェーン・カヴァナさん(33歳)は、19歳の時に第1子となる長女を出産した。しかし長女は自閉症を抱え、2015年には脊髄小脳変性症で24時間要介護の車椅子生活となり、ジェーンさんは協議会や保険医療機関からのサポートを得られず、次女を育てる傍ら長女の介護をフルタイムで行っていた。

同じロッチデールに住むジェーンさんの両親アイリーンさんとアラン・ファーラーさんは、娘のサポートをできる限りしていたという。当初ジェーンさんは両親の家で娘たちとともに暮らしていたが、両親の家は障害を抱える孫が暮らす生活環境には適しておらず、ジェーンさんはその後平屋に引っ越すも、3人で住むにはかなり手狭だったために再び引っ越しを強いられる羽目になった。しかしこの家も、壁にはニコチンの染みが広がり、内部も散らかった状態で、さらには階段には手すりがなく寝室は2階にあり、バスルームも不便だったりと長女に適応している住居ではなかった。そのためジェーンさんは、多忙な介護の合間を縫って自分で壁のペンキを塗り替えたり掃除をしたりしなければならなかった。

次女については子供の父親が手助けをしていたが、特別学校へ通う長女の介護は週末や夜も休みなどなく、ジェーンさんにはこの頃から相当なストレスがたまり、酒をよく飲むようになっていた。経済的にも困窮しており「このままではおかしくなる」と母のアイリーンさんに電話で訴えたこともあったようだ。ジェーンさんは2016年12月にもGP(英一般診療所)医師の診察を受け抗うつ剤を処方されて服用しており、今年の3月にも医師のもとを訪ねていた。しかし心の病には勝てず今年の4月21日、娘を両親宅へ預けている間に自宅バルコニーで首を吊って自らの命を絶った。遺書とみられるメモには両親にあててこのような言葉が残されてあった。

「このどうしようもない人生から抜け出せる方法が思いつかない。自分自身が大嫌いで、この数か月間は毎日のように死にたいと思っていた。」

このたび行われた死因審問で、アイリーンさんは次のように語った。

「孫が自閉症と診断されるも、それを当局に認めてもらうのに2~3年かかり、その後は脚の具合がどんどん悪くなって2015年に病気がわかったのです。孫はまだ12歳でした。娘は孫をマンチスターの病院へ何度も診察に連れて行き、ロンドンの病院も訪れていました。孫は自分で車椅子を動かすことはできますが24時間の介護を必要とします。娘にとっては朝の登校準備が特に大変で援助を欲しがっていましたが、週末も夜もずっとひとりで孫の介護をしていました。障害児を抱える2児のシングルマザーであったにもかかわらず、どの機関も援助をせずケアワーカーも配属されていませんでした。家を障害者用に適応させるための対処をすることもなく、代行介護サービスもオファーされていませんでした。頻繁に飲酒するようになって、娘の体重はかなり落ちていました。」

悲劇が起こる前晩、両親宅に長女を預けに来たジェーンさんは4月21日の昼前に長女を迎えにやってきて、その後夕食の時間帯に再び長女を連れて両親宅へ戻った。そして「友人に会いに行くけど20時には戻るから」と言い残し両親の家を去ったが、ジェーンさんが戻ってくることはなかった。長女がジェーンさんに電話をかけたが、携帯電話の電源は切られたままだったという。

実はジェーンさん、自殺の1日前にかかりつけの医師に電話をし「落ち込みが酷く、自殺願望があるから診察をしてほしい」と予約を入れようとした。しかし空きがなく、対応した受付係に12日後の5月2日しか予約が取れないと伝えられた。その翌日にジェーンさんは帰らぬ人となった。このことにGP側は「電話の様子からは緊急性は感じられなかった」と主張している。ニコラス・フラナガン検死官は「ジェーンさんが出していた危険信号をGP側は見抜けず、電話の後も考慮することはなかった。医師に電話を入れてもすぐに診察を受けられなかったのは非常に考慮されるべき点ではないか。彼女は長女の介護のために相当なうつになっていたとされる」と述べた。

現在、障害を抱える孫を残されたジェーンさんの両親は「まさに今、娘が抱えていた問題を私たちが抱えています。24時間介護を必要とする孫を抱えることは大変ですから。娘を失ってこんな状況になってしまい、悲しみしかありません。でも孫のために適切な対応をしていくことが私たちの次のステップだと思っています。きっと娘もそれを望んでいるでしょう」と語っている。

このニュースを知った人からは「GP医師の対応の仕方に疑問を感じざるを得ない」「こんなふうに精神的に不安定になるほど苦悩を抱えている人って、実際に自殺未遂をしたり自殺をしない限りは世間からどれだけ病んでいたか気付かれることってないと思う。この女性も、もし早くに適切な対応を受けていれば命を落とさずに済んだかもしれない。それがとても残念」「それでもやっぱり子供を残して死ぬのは自分勝手としか言えないよ」「精神が追い詰められていたのだから、きっと自分が死んだ後のことまでは考えられなかったのでは」「とことんうつになっている時って、『自分がいないほうが周りもきっと楽』とか思ってしまうこともあるからね…」「この女性と残された家族に対してほんとうに気の毒に思う」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2018年10月26日付「Single mum’s heartbreaking suicide note to parents after struggling to care for her wheelchair-bound daughter」(Image: Cavendish Press (Manchester) Ltd)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト