子どもが文字に興味を持ち始めると、絵日記やお手紙、作文を早い段階から書かせたくなりませんか?

知らない間に「子どもの才能」潰してる!?子どもがお絵かきしているとき注意したい、親の対応

でも、幼い頃の作文指導はもしかして、自由な発想力や表現力の芽を摘んでしまうかもしれません。『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者の立石美津子がお話しします。

お絵描きも絵日記も作文も、心の奥から湧き出る思いを吐き出す表現活動。どう感じたかは子どもの自由です。そんなとき「これこれこういう風に書きなさい」とつい“指導”したくなります。

でも、介入し過ぎると子どもの表現力を潰したり、文章を書くことが嫌いになってしまうこともあります。

書いてある文章だけで判断しない

絵日記に “遠足の思い出”。「遠足で動物園に行きました」の一行だけ。だからといって、子どもが何も感動していないかというと決してそうではありません。「連れて行った甲斐がない」なんて思ってはいけませんよ。

猿を見て感激し、外で食べるお弁当を美味しいと感じ、電車の窓から見た景色に感動していたかもしれません。でも、感じたことを上手に言葉で表現することはまだまだ出来ません。

文章化するなんて、更にハードルが高くなります。

モジモジしている子どもを見て、「これこれこういう風に書いてみなさい」と指導し過ぎると、この先、自由な表現ができなくなってしまうかもしれません。

誰のための指導?

保育園幼稚園で、子どもたちが描いた絵を壁面に貼り出すことがあります。これで、保育士が悩むことがあります。

保育士子どもの絵をそのまま貼り出したくても、お迎えの際、保護者が他のクラスの絵や他の子とわが子の絵を比べて、“担任の指導力の良し悪し”を評価をすることもあるため「良い作品を描かせなきゃ」と思ってしまう保育士も出てくるようです。

けれども、遠足に連れて行く目的は“普段出来ない体験をさせる”こと。作文や絵などアウトプットが目的ではありません。絵を描かせるために遠足に行くのではないのです。保護者の皆さんにもその辺を理解してもらいたいですね。

動物園の思い出

ビジネスの世界では“結論を先に相手に伝える。そして、その後に詳細説明”するのが合理的です。けれども、作文となるとそうとも限りません。読み手にとって面白いものが評価されます。

では、つまらない文章になってしまうのは、どうしてなのでしょうか?

動物園であった光景

ハシビロコウ”という鳥が上野動物園にいます。

檻には「危険ですので、決して網を引っ張ったりつかんだりしないでください」と、看板がありました。

後日、小学校でお題“上野動物園の遠足の思い出”の作文を書くことになりました。そこで、担任の先生から「いつ、どこで、誰が、どうした」の順で書くように指導が入りました。

  • (いつ)○月○日に
  • (どこで)上野動物園
  • (誰が)僕が
  • (どうした)動物を見た

すると、こんな作文が出来上がりました。

5月10日に遠足で上野動物園に行きました。僕は熊、ライオン、象、ハシビロコウを見ました。楽しかったです。 おわり”

このような、ありきたりでつまらない作文は、読む側の気力を失わせます。ここでもし、「感想文を自由に書いてみて」とだけ伝えていたら、こんな風に書いたかもしれません。

“遠足の行き先、家族ともよく行ったお決まりの上野動物園です。熊、ライオン、象…よくある動物をだいたい一回りして「ああ今年の遠足も去年と同じ感じだなあ」と思ってしまいました。

そろそろ帰る時刻が近づいてきたその瞬間、僕の目に飛び込んできたのはハシビロコウ。聞いたことのない名前の鳥。

自由な作文の続きは…?

あまりにも動かないので剝製かと思いましたが、いきなり大あくびをしました。

檻の前には“柵を叩かないでください”と注意書きまでありました。

そう書いてあるとどんなに暴れる鳥なのか柵を叩きたくなりましたが、先生に叱られるのでやめました。そしてグッと堪えて家に帰りました。その奇妙な姿は寝るまで頭に残っていて夢に出てきました。”

また、「いつ、どこで、なにが、どうした」などの枠組みを外して次のように書くのも面白いです。

ハシビロコウって知っていますか。僕はこの間生まれて初めて目にしました」とか「今まで一度も見たことのない恐ろしい鳥に出会いました」

このように書き始めると、生き生きとした感動が伝わる文章になります。書き方のパターンにとらわれず、思うように書かせた方が子どもオリジナリティー溢れる文章になるので不思議ですね。

でも!

子どもがこんな作文書ける訳がない!」と感じた皆さん。豊富な語彙を使った文章力はどうやって育つのでしょうか。次にお話しします。

家庭でやらない方がいいこと

子どもが絵や文章を書くのが嫌いになる一番の理由は評価されることです。それも「下手な絵だね」とか「下手な文章だね」の一言を言ってしまうと、「僕は絵や文章が下手なんだ」と自分にレッテルを貼ってしまいます。

そして、それ以降、苦手意識を持ってしまいます。どんなことを書いたとしても「上手、下手」の評価を大人が下さないことが肝心です。

絵本の読み聞かせ・読書で表現力の元となる言葉をインプット

感じたことを表現するための材料は言葉です。語彙を増やすことがポイントです。

これには本を読む習慣をつけるしかありません。実際、後者の作文には“堪えて”“見たこともない恐ろしい”などの言葉が使われていますね。これは友達や親の日常会話から覚えた言葉ではなく、本から得た言葉です。

このように読書の習慣を付けることで豊かな表現力が培われます。

喋って、書いてアウトプット

同時にアウトプットする練習をして初めて文章力が定着します。ただ、読んだだけでは残念ながら文章力は定着しません。つまり誰かに話したり、メモに書き留めたりすることです。

経験したこと、感じたことを「嫌だった」「楽しかった」でもなんでもよいので誰かに話したり、描いたり、書いたりすることを通して初めて知識が記憶に定着し、語彙を使いこなす力、表現力が磨かれていきます。

筆者は14歳の頃からずっと鍵付き日記を書いていました。自分だけが見ることが出来る秘密の日記です。

よその人はみない文章ですから、誰からも「下手な文章だ」と評価されません。だから、ドンドン書きました。文章も少なくともうまくなってきたと自負しています。本も10冊出すことも出来ました。

園や学校に提出する絵日記ではなく、自分だけの“鍵付き日記”なんてよいのかもしれませんね。