9回は左腕セールがピシャリ、1年目コーラ監督が頂点極める

■Rソックス 5-1 ドジャース(日本時間29日・ロサンゼルス

 第114ワールドシリーズ第5戦が28日(日本時間29日)、ロサンゼルスドジャースタジアムで行われ、レッドソックスが5-1でドジャースを下し、通算成績4勝1敗で9度目の優勝を飾った。左腕デビッド・プライスが中3日の先発マウンドで7回途中を3安打1失点と快投し、チーム2013年以来5年ぶりの世界一に導いた。

 レッドソックスは初回、ドジャース先発カーショーからピアースが左中間に2ランを運び、先制に成功する。プライスはその裏にフリースの先頭打者弾で1点を返されるが、1点リードを死守。2回以降は両先発が投手戦を展開し、スコアは動かなかった。

 だが、6回にレッドソックス首位打者ベッツに左翼ソロ弾が飛び出し、1点を追加。7回にはマルティネスが中堅ソロ弾、8回にはピアースがこの日2本目となるソロ弾を左中間に運び、着実にリードを広げていった。

 先発プライスは、初回にソロ被弾後は落ち着きを取り戻す。3回に右翼を守るマルティネスの拙守でフリースに三塁打を許すが、3回2死から打者14人を連続凡退。8回先頭テイラーに四球を与えたところで、89球(58ストライク)を投げて降板した。

 ドジャースエース左腕カーショーが力投したが、打線が沈黙。初回に1点を返した後は、3回に走者を三塁へ進めただけで、為す術がなかった。

 8回はケリーが代打3人を連続三振と好救援し、9回はエース左腕セールがピシャリ。就任1年目アレックスコーラ監督をワールドシリーズ優勝へ導いた。(Full-Count編集部)

レッドソックスが5年ぶり9度目となるWS制覇を果たした【写真:Getty Images】