2018年10月29日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、必要な極数に応じて複数ヘッダーを連結可能(スタッカブル)なハウジング設計が特徴のSLモジュラーコネクターシステムに、従来の電線対電線用に加えて、電線対基板用ヘッダー製品を追加し、製品ラインアップを拡充したことを本日発表しました。

レックスのSLモジュラーコネクターシステムは、スタッカブルなハウジング設計に加えて、TPA(ターミナル位置固定機構)およびCPA(コネクター位置固定機構)を採用することで嵌合の信頼性を向上し、過酷な振動環境下でのコネクター外れを防止可能なコネクターシステムです。

新たに追加された電線対基板用ヘッダーは、極数3~12極のストレート型と、2~25極および2~12極のライトアングル型が取り揃えられています。またハウジングの素材に高耐熱性液晶ポリマー(LCP)を用いているため、リフロープロセスによる実装が可能です。

SLモジュラーコネクターシステムの主な特徴

・ TPA(ターミナル位置固定機構)によって高振動環境における端子の脱落を防止

・ CPA(コネクター位置固定機構)によって高振動環境での電線対基板嵌合面の外れを防止

・ 高耐熱性液晶ポリマー(LCP)製ハウジングによってリフロープロセスに対応

・ 端子に2つの独立した接点を設けることで冗長性を備えた2次電流経路を提供し、長期的な電気的性能と信頼性を向上

・ 終端スタイルディスクリートワイヤー圧着、FFCおよびIDTが利用可能

・ 端子ピッチは2.54mmで、モレックスのC-GridおよびKK製品シリーズと互換性を持ち、幅広い設計ニーズに対応

本コネクターは、コンピュータ周辺機器やコピー機、空調設備、モデムプリンター、スキャナーなどの民生機器用途、エアバックセンサーインテリア照明、サウンドシステムステアリングコントロールなどの自動車用途、ポータブル医療機器用パネルディスプレイや歯科用機器、呼吸器などの医療機器用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト http://www.japanese.molex.com/link/slmodular.html をご覧下さい。



レックスについて
レックスは世界中のお客様に電子ソリューションを提供するため、日々技術革新に取り組んでいる。モレックスは世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、家電、インダストリアル自動車、商用車および医療など数多くの市場に、各種接続システムをはじめとした最適な電子ソリューションとサービスを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp





配信元企業:日本モレックス合同会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ