共生共創事業 2018
Experimental Gig「FuturamaX/フューチュラマックス」
アニスト スガダイロー、85歳のジャズゴッドファーザー鈴木勲、唯一無二のドラマー中村達也、最も黒い男KILLER-BONGによる初競演×音楽の異種格闘技セッション
予測不能な男たちの大人のクリスマスコンサートが横浜で開催します。

【公演概要】

音楽に留まらず演劇、ダンスなどジャンルを超えた異色の対決を重ね、日本のジャズシーンに旋風を巻き起こし続けるピアニスト スガダイローが迎え討つ、85歳でなおも勢力的に活動を続ける現役ベーシスト ジャズゴッドファーザー鈴木勲!
そして、
唯一無二のドラマーとして燦然と輝き続ける中村達也、BLACK SMOKER RECORDS主宰の一人、最も黒い男KILLER-BONG
予測不能な男たちによる大人のクリスマスコンサート。家族と、友人と、ひとりでも、ここでしか味わうことの出来ないクリスマスイヴを……。

■公 演 名:Experimental Gig「FuturamaX/フューチュラマックス」

出演:スガダイロー、鈴木勲、中村達也、KILLER-BONG
装飾:OLEO(R type L)
照明:渡辺敬之
音響:溝口紘美 Nancy
制作:VELVETSUN PRODUCTS
協力:BLACKSMOKER RECORDS

■公演日程:12月24日(月・休) 16:30開演(16:00開場)

■会 場:県民共済 みらいホール
神奈川県横浜市中区桜木町1-1-8-2 県民共済プラザビル1階

神奈川県が取り組む「共生共創事業」

神奈川県では、県の重点施策である「共生社会の実現」「未病」「多様性」などをテーマにした新たな舞台芸術関連の事業をスタートさせることとなりました。
実施にあたっては、横浜市中区の桜木町駅前にある「県民共済みらいホール」を主な拠点とし、県域各地で活動している団体などとも連携をはかりながら、事業を行っていきます。
鑑賞の機会を増やすだけでなく、参加型企画やワークショップなどを多面的に展開していき、県民の皆様をはじめ多くの方々に多様な文化芸術に触れる機会や実際に参加する場を創ることで、障がいや年齢などに関わらず、子どもから大人まですべての人が「ともに生きる」「ともに創る」社会の実現に寄与することを目指します。
※本事業は、神奈川県より公益財団法人神奈川芸術文化財団が委託を受け、KAAT神奈川芸術劇場が製作・運営を行います。

■チケット料金:一般 前売 3,500円/当日 4,000円
こども(3歳~高校生以下) 前売1,000円/当日1,500円
※全自由席
※3歳未満膝上鑑賞可。ひざ上での鑑賞は十分ご注意ください。
ただし、3歳未満でも席が必要な場合は有料です。

■チケット発売:一般発売10/12(金)

■チケット取り扱い
チケットかながわ
http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/
0570-015-415(10:00~18:00
窓口:KAAT神奈川芸術劇場2F、県民ホール(10:00~18:00
チケットぴあ
http://pia.jp/t/kaat/パソコン&携帯)
0570-02-9999
セブン-イレブンサークルKサンクス、チケットぴあ店舗
イープラス
http://eplus.jp/kaat/パソコン・携帯)
ローソンチケット
http://l-tike.com/play/kaat/パソコン&携帯)
0570-084-003
ローソンミニストップ(店内Loppi)

チケットのお問合せ:チケットかながわ 0570-015-415 (10:00~18:00

《共生共創事業》
主催:神奈川県
協力:神奈川県民共済生活協同組合
企画製作:KAAT神奈川芸術劇場、公益財団法人神奈川芸術文化財団





【 出演者プロフィール

スガダイロー(ジャズアニスト)

アニスト/作曲家。1974年生まれ。神奈川県鎌倉育ち。
洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、同校卒業後米バークリー音楽大学に留学。 Jason Moran、山下洋輔、向井秀徳、中村達也、U-zhaan、灰野敬二、田中泯、飴屋法水、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzoジャンルを越えた異色の対決を重ね、夢枕獏との共作や星野源の作品にも参加するなど、日本のジャズに旋風を巻き起こし続ける。
2008年 初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル二階堂和美 3曲参加)を発表。
2011年 『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンよりメジャーデビュー
2012年 志人(降神)との共作アルバム『詩種』を発表。
2013年 星野源地獄でなぜ悪い』および、後藤まりこ『m@u』に参加。
2015年 サントリーホール主催ツィン・マーマン「ある若き詩人のためのレクイエム(日本初演)」にスガダイロー・カルテットを率いて参加。
2015、2016年 KAAT神奈川芸術劇場にて白井晃 演出の舞台「ペール・ギュント」「マハゴニー市の興亡」の音楽監督を担当。
2016年 夢枕獏小説家)との共作『蝉丸-陰陽師の音-』発表。
2016年BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLD WIDE VERSUS I」にてNYスタインウェイ工場を舞台に、ジャズ・ピアニストJASON MORANと初共演。
2016年10月2017年7月 水戸芸術館にて「スガダイローPROJECT(全3回)」を開催。
2017年「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」を草月ホール、ロームシアター京都にて行う。
2018年 ピアノソロ作品「季節はただ流れて行く」発表。

Official Web Site: http://sugadairo.com/






鈴木勲(ベーシスト

1933年東京生まれ。1956年アメリカ軍楽隊のキャンプベースを弾く。東京自由が丘「ファイブスポット」のハウスバンドとして演奏していた時、1970年アートブレイキーに見出されてブレイキーの待つニューヨークへ単身渡米し、ジャズメッセンジャーズの一員として活動。メッセンジャーと共にアメリカ全土とヨーロッパを公演。合間をぬってニューヨークジャズメンと共演し、交流を深める。
アメリカより帰国しレフリーとして活動していたが、マル・ウォルドロン来日の際の共演で、ピアノトリオの分をわきまえたプレーは高く評価された。外国ミュージシャンとの共演は数知れない。
セロニアス・モンク(p)、エラフィッツジェラルド(Vo)、ウイントン・ケリー(p)、ロン・カーター(b)、ジム・ホール(g)、チャールズ・ミンガス(b)、ポールデスモンド(as)、ケニー・バレル(g)、ボビー・ティモンズ(p)、フィリー・ジョー(ds)、デューク・ピアソン(p)
レコードリーダーアルバムは、50枚を超えているが、オリジナルアルバム「BLOW UP」(TBM)「陽光」(キング)は、日本ジャズ賞を受賞した。ベースの他、それぞれの楽器の性格を知る為に、色々な楽器をマスターする。楽器に関わらず数多くの若手ミュージシャン(日野元彦、渡辺香津美、秋山一将、井野信義、山本剛、益田幹夫、他)を育てる。2009年スイングジャーナルで南里文雄賞を受賞。
スイスインターネットラジオRadio Jazz Internationalで世界のジャズミュージシャンから20傑に選ばれ「JAZZ GOD FATHER」の称号をもらう。現在も、鈴木勲 OMA SOUND の中で若手ミュージシャンを育て続けているが、鈴木勲自身は、感性を磨き、日々練習を重ねて進化し続けている。





中村達也(ドラマー

65年富山県生まれ。81年名古屋エレクトリックレディランドにてショッカーズのドラマーとしてデビュー。その時代のパンクニューウェーブに影響を受け、自身もパンクバンドOXYDOLLを結成。在籍中に、原爆オナニーズ、スターリンスタークラブツアードラマーとして参加。上京してGODを結成。在籍中に親交のあったマスターベーションに参加。1990年、かつての旧友 浅井健一に再会しブランキージェットシティーに参加。2000年解散迄の10年間、国内メジャーシーンで活躍し各方面に多大な影響を与える。2000年以降からピアニスト 山下洋輔氏とのフリーセッションを機に、ジョンゾーン、ビルラズウェル、近藤等則、大友良英などあらゆるジャンルミュージシャンとのセッションや作品制作を行い、2009年舞踊家 田中泯、画家 黒田征太郎とドラム即興演奏ダンスライブインティングという異種格闘技のようなライブに挑戦。以降はあらゆるジャンルアーティスト達の創作表現と自身の即興演奏で活動の場を広げていくようになった。現在は斉藤和義とMANNISH BOYS、遠藤道郎氏との奇跡的な再会によりはじめたTouch Me、チバユウスケ、イマイアキノブとのThe Golden Wet Fingers、スガダイローとの赤斬月、映画監督 豊田利晃氏のライブシネマでのバンドTWIN TAIL、不定期で自身のバンドLOSALIOSの活動を行なっている。2014年東北ライブハウス大作戦への出演要請により中村達也独奏ライブ「壊れた窓」を敢行。ついに独奏に辿り着く。その他、映像作品にも多数出演しており、塚本晋也監督の”バレットバレエ”にて俳優デビュー後は”私立探偵濱マイク””ラマン(愛人)””蘇りの血””大河ドラマ龍馬伝”近年では”野火””High&LOW”への出演がある。

http://nakamuratatsuya.jp





KILLER-BONG

BLACK SMOKER RECORDS主宰。最も黒い男。
1997年BABA、JUBE、NOX、DJ YAZIと、「THINK TANK」を結成。2000年THINK TANKのレーベルBLACK SMOKER」を設立。
K-BOMB」、「KILLER BONG」、「THE LEFTY」、etc...など数々の名義を使い分け自身のレーベルだけでも膨大な枚数の音源を世に放つ。また、NIPPS / THE HEAVYMANNERS / QUIETSTOEM / DJ BAKU / MURO / DEV LARGE などの楽曲参加、リミックス / プロディース / アートワーク なども手がける。無数の音と名前を持つ日本のクラブミュージックシーンを代表する異端児。



配信元企業:KAAT神奈川芸術劇場

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ