当社インド現地法人である阪急阪神エクスプレス(インド)は、インド西部に位置するグジャラート州のアーメダバードに倉庫を開設します。
同地区はインド最大級の自動車産業集積地であり、多くの日系企業が進出しています。当社は本年4 月にアーメダバード市内に営業所を構え、営業活動を展開しておりましたが、自動車メーカーへのJIT(ジャスト・イン・タイム)納入に対応すべく、日系自動車メーカーが集積するエリアに倉庫を稼働させます。今後も順次取扱高を拡大し、2020 年には倉庫面積を3 倍に拡張する予定です。
阪急阪神エクスプレスは、インドを重点投資国と捉え、インドにおけるネットワークやロジスティクスビジネスを拡充し、サービス向上に一層努力してまいります。

【左】倉庫外観 【右】倉庫内観
<概要>
【名称】
 HANKYU HANSHIN EXPRESS INDIA PRIVATE LIMITED
 Ahmedabad Logistics Centre
【住所】
 Plot No.500/1 Navyani village, Surender Nager, Mehsana 382750, Gujarat, India
【電話番号】
 +91-96434-37477
【倉庫面積】
 464 平方メートル
【営業開始日】
 2018年11月1日
【インド国内11 拠点と設立年月】

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社阪急阪神エクスプレス 総務人事部 広報課
105-0004 東京都港区新橋3-3-9
TEL:03-6745-1450/FAX:03-6745-1459
HP:http://bit.ly/2A0Brw7

リリース http://bit.ly/2OcrG1S

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

配信元企業:株式会社阪急阪神エクスプレス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ