頭痛・めまい・睡眠障害の報告も

ほとんど、まともな調査も行われず既成事実化が進められていく果てには何があるのでしょう。

米国の市民の間では、スマートメーターのことを「電磁波兵器」と呼んでいる人々が少なからずいます。

スマートメーターの導入が着々と進む米国カリフォルニア州では、頭痛、めまい睡眠障害などの健康被害の事例がたくさん報告されています。

スマートメーターが設置済みのマンションのような集合住宅では、めまいや頭痛を訴える住民が相次いでいることから、電力会社を相手取って100億円規模の訴訟が次々と起こされています

多額の賠償金を求める訴訟だけでなく、次々とスマートメーターの設置を拒むユーザーが続出し、すでに設置されてしまった世帯からは撤去を要望する声が後を絶たないため、米国の電力会社は計画変更を迫られています。

続きはご購読ください。初月無料です<残約14,500文字>