ひざ下まで水につかる過酷な状況でのレース

 公務員ランナーの川内優輝埼玉県庁)が出場したベネチアマラソン。“水の都”で行われたレースのあまりの過酷さが反響を呼んでいる。水に浸かりながら、走るランナーたちの様子を英紙が動画で公開。「初めて見た」「この状態でよく走れたね」などと海外のマラソンファンを仰天させている。

 “水の都”とはよく言ったものだ。28日にイタリアベネチアで行われたマラソンはまさに過酷だった。大雨による冠水の影響で、マラソンコースが水没する異常事態に。ランナーたちは深い田んぼのようなその中を、膝下まで水に浸かりながら、じゃぶじゃぶと走っていった。

 これはもう別の競技のようだ。水しぶきを立てながら疾走する市民ランナーの様子を、動画で公開した英紙「ガーディアン」の公式インスタグラムによると、「週末行われたベネチアマラソンを完走するためにランナーたちは足首の上を超える洪水の波を乗り越えて走ることになった」と様子を伝えている。

 また同インスタグラムによると、マラソンには約1万3000人が参加。主催者が「最悪の状態」と発言するほどで、「翌日の公式情報によると、市の75%以上が149センチにまで水が上昇したと発表された」と異常な条件下でのレースだったことも報じている。

「初めてこんな状態でマラソンが行われるのを見た」

 レースの映像を公開したガーディアンの投稿には、フォロワーからの仰天の声が続々とつけられた。

「このコンディションに対する練習法を考えないと」
「この状態で良く走れたね」
「初めてこんな状態でマラソンが行われるのを見た」
マラソンには最悪のコンディションだね」
「選手達は良く走り切ったと思う」

 最強公務員・川内は2時間27分43秒で7位。1月の「マーシュフィールドニューイヤーズデイ・マラソン」では気温-17度の極寒の中で、2時間18分56秒をマークし自身76度目の2時間20分切りで世界最多記録を打ち立てるなど、悪条件でのレースには強いが、さすがに“水没状態”でのレースにはお手上げの様子だった。(THE ANSWER編集部)

公務員ランナー川内優輝【写真:Getty Images】