レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスチームメイトへの非難に賛同したようだ。スペイン『アス』が伝えている。

▽マドリーは、リーガエスパニョーラ第10節のバルセロナとのクラシコで1-5と完敗。その後、インスタグラムで一般ユーザー(sergio_ramos_idol)がベルギー代表GKティボー・クルトワ、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスフランス代表DFラファエル・ヴァランを,、「なぜゴールキーパークルトワなんだ」、「ナチョは最悪の結果」、「ヴァランは何をすればいいかわかっていなかった」などと長文で罵倒した。

▽この投稿自体は悲観するマドリディスタとして珍しいものではないが、あろうことかセルヒオ・ラモス自身が「いいね」を押してしまった模様。「マルセロとセルヒオ・ラモスだけが何かを出来ていた」という文言もありその部分が気に入った可能性もあるが、結果的にはチームの支柱であるキャプテンチームメイトの侮辱に賛同するという最悪の構図に。この騒動を払しょくするためにも、暫定指揮官であるサンティアゴ・ソラーリ監督のもと、復調を示していきたい

サムネイル画像