日本中央競馬会中山競馬場船橋市)は今年開設90周年を迎え、スタンド施設を中心とした大規模リニューアル改装を実施しており、その記念として「中山競馬場 リニューアル記念PRイベント」を2018年11月4日(日)に開催いたしました。イベントでは、10月30日(火)の誕生日で20歳になったタレントの池田美優(みちょぱ)さんが特別ゲストとして馬に乗って登場し、トークセッションを行いました。


イベント概要

名称:中山競馬場 リニューアル PRイベント
日時:2018年11月4日(日)
場所:中山競馬場 パドックエリア(〒273-0037 千葉県船橋市古作1丁目1−1)
ゲスト:池田美優(みちょぱ)
内容:ゲスト乗馬登場・トークセッションリニューアル宣言演出・サプライズケーキ演出・フォトセッション・囲み取材

みちょぱさん人生初!! 馬に乗って登場!!
競馬場にちなんで誘導馬に乗って登場したみちょぱさん。背筋が伸びた凛々しい姿に一般席からは拍手が湧き起こりました。人生初の乗馬体験に「触れ合う度に馬が可愛くなってきて、とても楽しかったです」と笑顔。さらに20歳を迎えて初めてのPRイベントの登場となったみちょぱさんは、シックなボルドーのカットソーやグレーのファーの衣装で登場し「普段着ない服ですが見た目から大人になろうと思いました、また馬にちなんでポニーテールにしてみました」とコメントしました。


20歳になって、リニューアルを宣言
10月30日に20歳の誕生日を迎えたみちょぱさんは「芸能界に染まりきらない自分でいたい」とコメントしました。中山競馬場リニューアルにかけて自身のリニューアルしたい点を聞かれると、仕事面では仕事に活かせる趣味や特技が特にない自分の「プロフィール」を、プライベート面ではスマホゲーム夜更かししてしまうという「生活習慣」をリニューアルしたいと発表しました。

そのほかに20歳になってやってみたいことについて質問されると「最近アシスタントMCをさせていただく機会が多くなってきたのですが、これからもこのような仕事が増えたらいいなと思います。ひな壇で共演者の皆様と一緒に出させていただく事は大好きなのですが(MCも)貴重な体験だと思うので機会があればやりたいです。」とコメントしていました。

同世代で親友の藤田ニコルさんが、20歳になったときに、「次付き合う人と結婚したい」、というコメントしたことに対しては「私もいつでも平気です!25歳までに結婚と出産をしたいです。地元の友達はもう結婚・出産を経験してて、焦り出している自分もいます。機会があれば次付き合う方と結婚出来たらいいなと思います。」とコメントしていました。

特大ケーキのサプライズ演出
20歳の誕生日を迎えられたばかりのみちょぱさんに、中山競馬場から特大ケーキがサプライズで贈られました。何も知らされていなかったみちょぱさんは「え?え?」とびっくりした様子で「すごーい!ありがとうございます!」、「中山競馬場ならではのオリジナルケーキ、とっても嬉しいです!」と大興奮でした。さらに会場からの祝福にも笑顔で手を振って応えていました。

誕生日前日には、沖縄へ旅行し「友達と行きました。ダイビングや国際通りを歩くなど20歳だからと特別なことはなく普通の観光を楽しみました!」とコメントしました。


大興奮 人生初の競馬体験
20歳を迎え馬券を購入できるようになったみちょぱさんは「第18回 農林水産省賞典 JBCクラシックJpnI)」で人生初の競馬体験をしました。

「み・ちょ・ぱ」にちなんだ「3番・4番・8番」と、直感で「2番」の馬を選んだみちょぱさんの予想は、レースが始まると上位を争う展開に。応援にも熱がこもり、「いけいけ!」「頑張れ!」と徐々に声援が大きくなっていきました。レース後は上位に入った馬を選んでいたこともあり「あながちズレてなかった?」など自身の直観にびっくりした様子で、「ゴールの瞬間は鳥肌が立ちました!」と人生初体験の競馬を楽しんだ様子でした。

「想像以上に楽しかったですし、こんなにどきどきするんだと思いました。やはり大人の男性の方がやるイメージが強かったですが、私のような年齢でも楽しめるということが分かって、また来ちゃいそうです」「遊園地にはない20歳だからこそ楽しめるスポットという感じでいいです。」とコメントしていました。


ゲストプロフィール
池田美優 (イケダ ミユウ)
モデルタレント
1998年10月30日生まれ
静岡県出身
身長:166cm
A型
”みちょぱ”の愛称で同世代の女性に支持され、ファッションイベントTOKYO GIRLS COLLECTION」、「Girls Award」など多数のファッションショーに出演し、最近はバラエティ番組を始めとしたTV番組にも出演をし話題となっている。

配信元企業:日本中央競馬会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ