日本人に知られている高級中華料理としてはフカヒレや上海ガニ、北京ダックなどを挙げることができるが、これらの料理が日本で提供される際の「価格」を知ると、多くの中国人は衝撃を受けるようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、「北京ダックが日本で信じられないほど高価で提供されている」と紹介する記事を掲載した。

 食の大国である中国には各地に独特の美食が数多く存在する。そのなかでも宮廷料理にも採用されていた北京ダックは特別な存在と言えるだろう。記事は、北京ダックは中国の首都・北京を代表する美食として「中国人だけでなく、外国にまでその名は知れ渡っている」と主張。さらに外国では中国を代表する料理として北京ダックは親しまれているとし、そのなかでも「日本にある北京ダックを提供する店は評判が高く、中国人が食べても非常に美味しく感じるほど」と紹介した。

 中国人にとって本場・北京の北京ダックは高級料理として認識されている。なぜなら、北京の有名店で食べればゆうに数百元はかかるためであり、接待など特別な場面を除いて、高級店を利用しないという中国人も少なくないだろう。

 しかし記事は、中国人も納得する味の北京ダックを日本で食べようと思えば、「北京の有名店の北京ダックすら安く感じる」ほどの金額を支払う必要があると伝え、日本では中国人も驚くような価格で提供される北京ダックはまさに「高級料理」として扱われていると紹介した。

 中国でも北京ダックの老舗は「値段が高すぎる」と叩かれることが多いというが、中国人ネットユーザーたちも日本の北京ダックの価格を知れば「中国の老舗の価格ですら安く感じる」かもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

北京ダックは中国でも高級だが、日本ではさらに高級だった=中国メディア