ニュージーランド航空は本日、ニュージーランド全土でロケを敢行した機内安全ビデオの新作「It’s Kiwi Safety ~ ラップダンスで安全説明」編を発表しました。
今回の機内安全ビデオミュージックビデオ仕立てで、使用している楽曲は、RUN-DMCの人気ソング「イッツ・トリッキー(It’s Tricky)」とシスターズアンダーグラウンドの「イン・ザ・ネイバーフッド」をリメイクしたサウンドトラック「イッツ・キウィ(It’s Kiwi)」です。編曲をオークランドのゴールデン・エイジ・スタジオプロデューサージョシュファウンテン氏が手がけました。

「It’s Kiwi Safety ~ ラップダンスで安全説明」編には総勢600名が出演しており、ニュージーランド航空がこれまでに制作した機内安全ビデオでは最大のキャスト数です。このビデオでは、ニュージーランドで人気の俳優、ジュリアン・デニソン、地元ミュージシャンキングス、セイア、ランダが出演しています。加えて、オークランドのダンスグループ「Rewa All Stars」、ダニーデンの水難救助隊、セントラル・オタゴのマニオトト・カーリンググループ、そしてモズギールのブラスバンドなど、ニュージーランド国内の30以上の市民グループが参加しています。

この機内安全ビデオは、オークランド、ウエリントン、ダニーデン、バルクルーサ、ホキティカ、ネイズビー(セントラル・オタゴ)の各地で撮影されました。また、ニュージーランド航空社員も多く参加しており、客室乗務員、パイロットエンジニア、荷役作業員、ダニーデン空港地上スタッフらが登場します。

ニュージーランド航空グローバル・ブランドコンテンツ・マーケティング担当ジェネラルマネージャーのジョディ・ウィリアムスは、ニュージーランド航空機内安全ビデオラインアップに加わる今回の新作が、楽しくエネルギッシュにニュージーランド人を称えているとして、次のように述べています。

「『It’s Kiwi Safety ~ ラップダンスで安全説明』編は、ニュージーランドを構成する多様なグループや、ニュージーランド各地の素晴らしさを紹介しており、才能に溢れたキウィ(ニュージーランド人)への讃歌ともいうべきものです。この機内安全ビデオにより、ニュージーランド人であることを誇りに感じていただくと同時に、独特なキウィ(ニュージーランド)文化を世界にお披露目する機会ともなります」

「過去の機内安全ビデオでは、これほど多くの方にご参加いただいたり、多くの場所で撮影したりすることはありませんでした。これまでのビデオから少し趣向を変え、ミュージックビデオスタイル機内安全ビデオを制作することも、素晴らしい経験でした。リミックストラック『イッツ・キウィ』は皆様に気に入っていただけると確信していますが、同時に機内安全に関する大切な情報をお伝えしております」

ニュージーランド航空の機内安全ビデオは、現在までにオンライン累計で1億5,700万回以上の視聴回数を重ねており、「It’s Kiwi Safety ~ ラップダンスで安全説明」編は創造的な機内安全ビデオラインアップでは第18作目に当たります。

新作機内安全ビデオ「It’s Kiwi Safety ~ ラップダンスで安全説明」編は、本日よりニュージーランド航空の機内およびオンラインにてご覧いただけます。
https://youtu.be/ArtZOcjrzsc

今回の新作機内安全ビデオ発表を記念し、ニュージーランド航空の機内誌『Kia Ora』11月号の表紙を6パターン用意し、ビデオに登場する方々をご紹介しています。6種類の表紙制作は、『Kia Ora』誌上でも初となります。



ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から5年連続)や、2017年に新設されたトリップアドバイザー「トラベラーズチョイス™ 世界の人気エアライン」をはじめ、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。

公式ホームページhttps://www.airnewzealand.jp
Facebookhttps://www.facebook.com/AirNZJP

配信元企業:ニュージーランド航空 日本地区

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ