12/14(金)開催!
 「LIP.横浜」とは、横浜から、健康・医療分野(※)のイノベーションを持続的に創出していくことを目的とし、産学官金が連携して取り組むためのプラットフォームです。LIP.横浜では、健康・医療分野において、新技術・新製品の創出にチャレンジするベンチャー企業・中小企業等の皆様の着実な製品化等を応援しています。
 今回は、LIP.横浜事業計画策定支援セミナーIIとして、現経営者やベンチャーキャピタルの方々にバイオ・医療機器ベンチャーの事例を中心に、現在では成功している企業の過去の失敗事例から、事前の計画立案や戦略の見直しの必要性などについて学ぶセミナーを無料で開催します。
 現在では成功している企業の過去に実際に起こった失敗事例を学ぶことで、これらを回避するための事前の計画立案や戦略の見直しの必要性などについて理解を深めていただける機会となっていますので、健康・医療分野に関心のある多くの企業の皆様の参加をお待ちしております。
 (※)創薬、医療機器開発、診断技術開発、予防医療、再生医療、介護・福祉、健康サービスなど

【概要】
■日 時:平成30年12月14日(金)13:30~17:00(13:00受付開始)
■定 員:150名 (定員に達した時点で締め切ります。)
■会 場:TKPガーデンシティPREMIUM みなとみらい ホールD
横浜市西区みなとみらい3丁目6−3 MMパークビル(みなとみらい線みなとみらい駅4出口徒歩1分))

テーマ:『失敗事例』から学ぶ 研究開発型企業の経営・新事業展開のポイント
~先人の失敗の裏にある成功のコツ~
■主催/公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 共催/横浜市経済局
第一部 講演
(1)ベンチャーキャピタリストによる講演
13:35~ 長谷川 宏之氏(三菱UFJキャピタル株式会社 執行役員 ライフサイエンス部長)
     『各ステージにおけるベンチャー企業の課題や失敗の事例と失敗回避のために事前に取り組むべき事項』
(2)企業事例紹介
13:55~ 井家 益和氏(株式会社ジャパンティッシュエンジニアリング 執行役員 研究開発本部長
     『再生医療等製品の開発・実用化における困難・失敗事例と克服のポイント
14:20~ 松山 哲人氏(ナノキャリア株式会社 取締役CSFO兼社長室長)
     『上場までのプロセスにおける失敗事例と克服のポイント
14:45~ 仙田 哲氏(株式会社ジェノメンブレン 取締役
     『数々の失敗を重ねながらも16年』
15:10~ [休憩]
15:15~ 山森 伸二氏(日本光電工業株式会社 荻野記念研究所 フェロー)
     『当社における医療機器開発プロジェクトの失敗・成功経験』
15:40~ 薬袋 博信氏(株式会社常光 札幌研究開発室 兼 医療機器・診断薬事業本部学術マーケティング課 課長)
     『医療機器の開発・実用化の過程における失敗事例と克服のポイント
16:05~ 高木 智史氏(バイオアクセラレータ株式会社 代表取締役
     『過去の医工連携ベンチャー経営における失敗事例の紹介と技術系スタートアップベンチャーの立ち上げ事例』
16:30~ 第二部:質疑応答、パネルディスカッション
17:00~ [名刺交換]

【参加申込み】
◎申込先等:企画・運営 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
◎申込方法:下記のセミナーエントリーフォームよりお申込みください。
http://www.murc.jp/sp/1810/lip-yokohama/form.html
(申込時必須事項:事業所名、所在地、参加者氏名(部署名・役職)、連絡先)
◎申込期限:平成30年12月12日(水)

【お問合せ先】
「『LIP.横浜』について」経済局ライフイノベーション推進課長 伊藤 敏孝 Tel:045-671-2574
「本セミナーについて」木原記念横浜生命科学振興財団事務局長 海老原雅司 Tel:045-502-4810

配信元企業:横浜市

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ