会社にお勤めのみなさんには毎月配られる給与明細。

日本人の女性教師
※画像はイメージです(以下同じ)
 その見方について、これまで2回に渡ってお話をしてきました。前々回は「勤怠」「支給」について、前回は「控除」の項目の中の「健康保険料」「介護保険料」「厚生年金保険料」について、その仕組みとチェックポイントについてご説明しました。

 今回は「控除」の項目の続きとして、「雇用保険料」「所得税」「住民税」についてお話します。

「雇用保険料」はどうやって決まるのか?

「雇用保険料」は、その月に支給される給与の総額に、1000分の3%をかけた額が保険料として給与から引かれる仕組みです。その月の総支給額が30万円であれば、30万円×3÷1000=900円が毎月給与から引かれることになります。

 みなさんが雇用保険に加入していることによって最も恩恵を受けるのは、失業したときに次の就職まで生活を支えてくれる「求職者給付」(失業給付)ではないでしょうか。

 その他にも雇用保険では、さまざまな給付があります。

 能力開発のため、資格を取得するときなどの授業料を補助してもらうことのできる「教育訓練給付」、育児をするため会社を休んでいる期間(最大子供が2歳になるまで)、給与の5~7割を受け取ることができる「育児休業給付」、家族の介護のため会社を休んでいる期間(最大93日まで)給与のおよそ7割が給付される「介護休業給付」などです。

 比較的少ない保険料の負担で、さまざまな給付を受けることができる雇用保険は、いざというときとても頼りになる制度です。

「所得税」は扶養人数によって変動する

 次は「所得税」。個人の所得に対してかかる国の税金です。こちらはどのように計算されるのでしょうか。

 通勤費などの非課税扱いの支給額を控除した給与の総から、「健康保険料」「介護保険料」「厚生年金保険料」「雇用保険料」など社会保険の合計を差し引いた額を求めます。その額に、扶養する親族の人数を当てはめて、毎月の所得税が決まります。

 上記の金額が仮に25万円で、扶養する家族がいない場合は、1か月の所得税は6530円です。1年間の年税額は最終的には年末調整をすることで決まります。

 扶養する人数が多ければ多いほど当然、税金は安くなります。扶養する人がいない場合、所得税が発生するのは、1か月の収入が8万8000円以上になるときです。これはパートアルバイトでも同様です。

最後に「住民税」の計算ルール

サラリーマンと給与明細

 続いて「住民税」です。住民税は前年の1~12月までの所得をもとに、1月1日に住所のある場所に納める税金です。地域社会にかかる費用を、住民で分担して支えることが目的です。

 計算のルールは、お住まいの都道府県、または市区町村によって異なります。納付の方法は、給与から天引き、もしくは個人で年に4回に分けて納める方法があります。

 住民税について注意すべき点は、前年の所得にかかってくる税金だということです。会社を退職して今年は収入がなくても、辞める前の年に収入があれば、住民税を支払うことになります。

 退職後の資金繰りの厳しいときに、住民税の納付書が来て慌てることはよく聞かれる話です。通知が来てから驚くことのないよう、住民税の仕組みについては覚えておきましょう。

給与明細で最も大事な2つのこと

 給与の支給総額から、以上の控除項目全てを差し引いた金額がみなさんの手取り額です。

 いかがでしょうか。給与がどのように計算され、毎月決まった項目がどのような意味や目的で天引きされているのか、大まかにつかんでいただけましたか。給与明細について最もお伝えしたいことは次の2つです。

1……給与明細の各項目が何を意味しているのか、漠然とでも構いませんので理解するようにしましょう。そこから社会保障ルール、みなさんの今の働き方、そして今後の働き方やキャリアプランが必ず見えてくるはずです

2……データでも紙ベースでも結構です。給与明細は捨てずに、ほぼ永久保存の心づもりで必ずとっておきましょう。あってはならないことですが、保険料を支払っているのにそれが年金の記録に反映されていなかったり、もしくは未払の賃金があったり…。当時の給与明細があれば、必ずみなさんの味方になってくれます

 給与明細の整理と保存、早速、今日から取り掛かってみてください。

TEXT/澤上貴子>

【澤上貴子】

さわかみ社会保険労務士事務所代表。特定社会保険労務士/健康経営エキスパートアドバイザー。会社の発展を支え、従業員のモチベーションを育む労務コンサルティングを目指す。20年近い豊富な実務経験にもとづく、的確で時には攻めの姿勢のアドバイスと、きめ細やかな対応が評価を得ている。労働諸法令に関する指導・相談・手続、その他多岐に亘る分野において、良心と強い責任感をもって展開している

※画像はイメージです(以下同じ)