<この物語は岩井克人の『貨幣論』が、もし『トイ・ストーリー』だったら? という仮定のもとに書き進められています>

【第7回】商品世界を覆う紙幣の海、そして救世主としてあらわれたアダム・スミスと、見えざる手!?

<登場人物>

貨幣論・リンネル リンネル:服の素材に使われる亜麻布のことで、英語で言うとリネン。

貨幣論・上着 上着:新品の1着の上着。

貨幣論・お茶 お茶:美味しいお茶。

貨幣論・コーヒー コーヒー淹れたてのコーヒー

貨幣論・見えざる手 見えざる手:市場を操作する手。その姿は見えない。

<前回までのあらすじ
 穴からやってきた「金」はやがて王の地位がゆらぎ、そのかわりの紙幣が刷られ始めた。商品たちは自分の価値を値上げし始め、それと同時に紙幣も大量に流通するようになる。そして、紙幣は商品世界を飲み込み、沈めようとしていた!

 夢のお告げで「方舟」を作っていたお茶は、リンネルと一緒に船に乗り込み逃げるのだった。

止まれ、インフレーション! 起これ、価格調整!

貨幣論

=================
 壱万円という数字が印刷されている一枚の紙幣をながめてみよう。それは、もちろん、日本中どこでも一万円の価値をもつ紙幣である。だが、今度は、その一万円札を貨幣としてではなくたんなるモノとしてながめてみよう。そうすると、その立派な印刷にもかかわらず、それ自体としてはなんの価値ももたない一枚のみすぼらしい紙切れとして立ちあらわれてくるはずである(岩井克人『貨幣論』ちくま学芸文庫、百九十一頁)
=================

 目の前で濁流が起こり、船が大きく揺れています。波を起こしているのは紙幣、紙幣、紙幣。膨大な数の紙幣でした。リンネルとお茶は身体が投げ出されないように、船の柱へ必死につかまっていました。

貨幣論・リンネル リンネル「大変なことになってしまったね」

貨幣論・お茶 お茶「うん……もうダメかもしれないね」

?「はたしてそうかな?」

貨幣論・リンネル リンネル「誰!?」

アダム・スミス……イギリス経済学者古典派経済学の創始者とされる。市場は「(神の)見えざる手」によって調整されると提唱した。主な著書に『国富論』『道徳感情論』。

貨幣論・アダムスミス アダム・スミスアダム・スミスさ」

 いつの間にそこへいたのか、リンネルの横にアダム・スミスと名乗る男が立っていました。

貨幣論・お茶 お茶「この人、船を作り始めたときからずっといるんだ」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「はっはっは、インフレは大変だねえ」

貨幣論・リンネル リンネル「インフレ?」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「そう、インフレーション。物価がどんどん高くなっていくのがインフレだよ」

貨幣論・リンネル リンネル「そうか、だから紙幣の量も多いんだね」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「まぁ、いずれおさまるけどね」

貨幣論・リンネル リンネル「どうして分かるの?」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「見えざる手が調整するからさ」

貨幣論・リンネル リンネル「?」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「ふっふっふ……」

船の横に巨大な「手」が!一体、何者?

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「見えざる手、カモン!」

貨幣論・見えざる手 見えざる手「グモモモモ」

貨幣論・リンネル リンネル「?」

貨幣論・見えざる手 見えざる手「イ~ンヴィジィブル・ハ~ンドッ」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミスふふふすごいだろう」

 船の横に巨大な「手」が現れました。高さ50メートルはありました。

 しかし、その姿は誰にも見えません。

貨幣論・リンネル リンネル「何も見えないよ?」

貨幣論・見えざる手 見えざる手「…………」

貨幣論・お茶 お茶「なんなんだよ!」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「見えざる手だからねぇ」

貨幣論・見えざる手 見えざる手「マ゛ッ……!」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「行け、見えざる手! 価格調整だ!」

貨幣論・見えざる手 見えざる手「マ゛ッ……!」

 見えざる手が飛び上がり、天空に5本の指をかかげると、勢いよく紙幣の洪水のなかに飛び込んでいきました。紙幣を掴みながら、波のなかを進んでいきます。

貨幣論・リンネル リンネル「調整……されているの?」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「ああ、そうだよ。」

貨幣論・リンネル リンネル「見えたらいいのに」

貨幣論・アダムスミス アダム・スミス「はっはっは、面白いこというねえ。行け、もっとやれ、見えざる手!」

貨幣論・見えざる手 見えざる手「マ゛ッ……!」

 見えざる手が紙幣の海を泳ぎ続けています。

みんなで逃げろ! でも、どこへ?

 リンネルが荒れ狂う紙幣の海を見つめていると、そこに見覚えのある顔がいました。

貨幣論・上着 上着「助けてくれー!」

貨幣論・コーヒー コーヒー「お願いだ、引き上げてくれ!」

貨幣論・リンネル リンネル「上着、コーヒー!」

貨幣論・お茶 お茶「大変だ、捕まるんだ!」

 リンネルとお茶は海に身を乗り出して、手を伸ばしました。

 上着とコーヒーはその手を必死の形相で掴みます。

貨幣論・上着 上着「はぁ、はぁ」

貨幣論・コーヒー コーヒー「死ぬかと思ったありがとう

 引き上げられた上着とコーヒーは息も絶え絶えです。あと少し遅れていたら、そのまま紙幣の海に沈んでいたかもしれません。

貨幣論・お茶 お茶「よし、みんなで船に乗って逃げよう」

貨幣論・リンネル リンネル「でも、どこへ?」

貨幣論・お茶 お茶「この世界から脱出できそうな場所といったら一つしかない」

貨幣論・お茶 お茶「『穴』だよ!」

貨幣論・リンネル リンネル「!?」

次回予告
 マルクスのお告げによって作られた方舟に乗ったリンネルたち。4人が向かう先は「穴」。でも、そこでいったいなにが起こるのか? そして、アダム・スミスの見えざる手は? 商品たちの運命はいかに!

【菊池良】

1987年生まれ。ライター2017年に出した書籍『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(共著・神田桂一)が累計17万部。そのほかの著書に『世界一即戦力な男』がある