DMM GAMESが主催する「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」の国内公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下,PJS)。αリーグ,βリーグを経て,2018年9月に正式なリーグとしてスタートを切った本リーグSeason1」の後半戦(Phase2)2日めとなる,DAY5の模様をお届けする。

 PJSは国内最強の座を目指して戦う各チームだが,今回のシーズンはPhase1とPhase2の総合成績の上位2チームが,2019年1月10日〜12日にかけて,マカオで開催予定のアジア地域大会「PUBG ASIA INVITATIONAL MACAO 2019」への参加権を得る戦いでもある。
 Phase2の開幕戦となるDAY4では,Phase1を制したSunSister Suicider'sが首位に立ち,そのプレイスタイルから注目度急上昇中のV3 FOXが2位で追いかけるという結果となっていた。それを踏まえたPhase2の中盤戦となるDAY5はマカオ行きの切符をかけた戦いが混迷を極めた展開を見せた。

リンク関連記事:「PUBG JAPAN SERIES Season1 Grade1」,後半戦となるPhase2が開幕。SunSister Suicider'sが首位に立ち,V3 FOXが追い上げるDay4レポート

Grade1出場チーム
SunSister Suicider's(SSS
Rascal Jester(RJ)
Crest Gaming Xanadu(CGX)
DetonatioN Gaming White(DGW)
PENTAGRAM Acri(PGA)
PENTAGRAM Revive(PGR)
PNG Fairy(PNF)
SCARZ(SZ)
PNG ADELIAE(PNG
OracleNox(OcN
V3 FOX(V3F)
野良連合Grim Reaper(nGR)
Zoo Gaming / PenguinZoo
ROX Orcas Blue(ROX)

昇格チーム
AEGIS-ATHENS(AGA)
AEGIS-HESTIA(AGH)
ISG Albatross Bloom(IAB)
High Voltage(HV)
DetonatioN Gaming Black(DGB)
BLUE BEES Cresc.(BBc




■ROUND5 - ミラマー(FPP)

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

 この日最初のドン勝に輝いたのはβリーグPhase2から参戦しているPENTAGRAM Revive。βリーグのDAY5以来の2度めのドン勝だ。
 PGRのミラマーにおけるランドマークは南東に位置する「Puerto Paraiso」。端ゆえに安全地帯次第ではルート選択が難しい場所ではあるが,比較的安全な海岸の道路を利用して移動できるため,素早い行動が可能な利点がある。
 ROUND5の飛行ルートは北西から南東というルートで,「Puerto Paraiso」が直接降下可能範囲内だったうえ,安全地帯もやや西寄りではあるものの,南からアプローチをかけやすい場所が選ばれた。


 序盤は近くにほかチームの降下を確認し,緊張が走る場面もあったが,問題なく推移し,移動を始める。南側海岸線の道路を利用し,難なく安全地帯への進入に成功した。
 その後,中盤にかけて警戒を強めるも戦闘らしい戦闘は行われず,ほかチームの移動を確認しつつ,慎重に移動を繰り返し,フェーズ3の段階で確保した建物が安全地帯に入り続ける。

 射程に入った敵に対して猛烈な攻撃を仕掛け,終盤までポジションの死守に成功したPGR。最終盤に生き残ったのはPGR4名,AGH4名,RJ4名,V3F3名,DGB2名の5チーム17名となった。
 この中で最初にぶつかったのはRJとDGBだ。DGBは4名生存しているRJの猛攻を受け,mimote選手がダウンを奪われ,追いつめられる。しかし,そこでPGR_poly選手の2発の銃弾がRJを襲った。poly選手がRJ_kendesu選手を撃ち抜き,続く狙撃でRJ_Maron選手のダウンも奪う。その後もPGR_Sumoken選手から攻撃を受け,RJ_BILLON選手が討ち取られ,窮地に立たされた。
 その後もpoly選手が大きく場を動かしていく。AGHが立てこもる小屋に対し「グレ投げてくる」と言い放ったpoly選手が見事に2名のダウンを奪うことに成功,poly選手自身もダウンを奪われるも,素早く味方がカバーに入り,最後はPGR_tyapatu選手の手りゅう弾でAGHは全滅した。
 なんとか生存していたRJ_SeakingJAWS選手もその後は成す術なく,パルスに飲まれて全滅。残るはV3Fとの一騎打ちとなるが,有利なポジションをAGHから奪い取っていたPGRは落ち着いてV3Fを迎撃し,そのまま勝利を手にした。



PENTAGRAM Revive
Sumoken選手(Twitch
poly選手(Twitch
kr10選手(Twitch
tyapatu選手(OPENREC.tv



■ROUND6 - エランゲル(FPP)

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

 エランゲルのFPPでドン勝に輝いたのはPhase2から参戦するAEGIS-ATHENSだ。βリーグTeam Aegisとして参戦したが,Phase2で降格,その後,複数チーム体制となりもともとTeam Aegisの名で参加していたチームAEGIS-ATHENSと名前を変え,2度めのGrade1の挑戦を果たし,今回初めてのドン勝を獲得した。

 エランゲルでAGAがランドマークとしているのは「南Georgopol」。今回の飛行ルートは真ん中を通る南から北で,ほぼ問題なく降下可能なエリアだ。安全地帯マップ北西で南Georgopolもその範囲内に入った。


 序盤は順調に物資を集め,歩を進めていたAGAだったが,フェーズ2の移動でBLUE BEES cresc.との遭遇戦に突入する。二手に分かれて防御陣を築いていたBBcはその策が裏目に出た。AGAは人数差を利用して慎重に詰めていき,BBc_sssat0選手を討ち取る。その後,BBc_machao-00選手とカバーに出てきたBBc_razzly2tap選手を仕留める。
 唯一残ったBBc_Liavely選手に対し,AGAは突撃し殲滅を試みる。しかしこの突撃で壊滅の危機を迎える。Liavely選手が意地の反撃を行い,CrimNine選手,MelodyFlag選手,uNique_D選手を立て続けにダウン,あわや全滅というところでAlphaAzur選手がLiavely選手を討ち取り,事なきを得た。

 中盤,不運にも位置していたポジションが超密集地となり,PGRとの熾烈な戦闘のすえ,AlphaAzur選手とuNique_D選手が討ち取られるが,近くの建物への退避に成功する。一度激戦区を離れ,落ち着きを取り戻したところで,CrimNine選手がPGR_poly選手を討ち取り,全滅させた。その後もV3Fの強襲を受けたが,見事に守り切り壊滅させた。

 最終盤,生き残ったのはCGX4名,HV3名,AGA2名,OcN1名の4チーム10名だ。この中で最初に脱落したのはHVだ。HV_NaoNobu選手がCGX_Aries選手を討ち取り一矢報いたが,AGAとCGXからの猛烈な射撃に耐え切れず,全滅する。
 一連の戦闘の結果,有利な状況となったのはCGXだったが,草むらに潜んでいたOcN_tomus選手がまさしく伏兵となった。まずは手りゅう弾でCGX_Pureboy選手のダウンを奪う,それから密かに動き,CGX_Kurad選手が助け起こしに来たところを狙撃して傷を広げた。少し離れていた場所に位置していたCGX_Rio01選手はtomus選手とAGAにクロスファイアを受ける位置となってしまい,最後はCrimNine選手に撃ち抜かれて全滅した。
 最後はOcNtomus選手対AGA_CrimNine選手,MelodyFlag選手という1対2の状況となったが,tomus選手が先手を打ち,CrimNine選手のダウンを奪う。MelodyFlag選手とtomus選手の一騎打ちとなったが,MelodyFlag選手が見事に討ち取り,勝利を手にした。



AEGIS-ATHENS
AlphaAzur選手(YouTube
uNique-D選手(Twitch
MelodyFlag選手(YouTube
CrimNine選手(Twitch



■ROUND7(TPP - ミラマー)

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

 折り返しとなるこの試合でドン勝を取ったのはPNG ADELIAEだ。元USG-Hyster1cJam日本一に輝いたときのメンバーのRelaive選手を中心とするチームで,PaRから挑戦しG2を勝ち抜き,Phase1でGrade1へと昇ってきた。今回がGrade1で初めてのドン勝だ。

 PNGランドマークマップ中央やや西側の「Monte Neuvo」。今回の飛行ルートマップやや南側の東から西のルートだったので,直接降下可能範囲だ。安全地帯マップ北側やや西よりとなった。
 序盤,予定通りランドマークに降下したPNGは,ある程度の物資を集め終えた後,安全地帯の中心の確保を目指し,素早く移動する。その行動が功を奏し,フェーズ3まで何事もなくしのいだ。


 中盤に差し掛かるフェーズ4では確保していた建物が安全地帯から外れてしまうが,素早く移動し,またも安全地帯中心の建物を確保に成功した。そのままフェーズ6までほかチームを寄せ付けずに戦力の温存に成功した。
 その後のフェーズ7で安全地帯から外れ,ROXが占拠する建物への攻撃を決断する。タイミングを見計らい,スモークグレネードを投げて肉薄に成功するが,ここで不幸な事故が起きてしまった。ROXの制圧のために投げたHek7or選手の手りゅう弾が跳ね返り,dtds選手がダウンdtds選手も手りゅう弾を構えた状態だったため,その手りゅう弾が地面に落ち,駆け寄ったHek7or選手もダウンしてしまった。
 その機を逃すまいと攻めたのはROX_SylFy選手だ。陣取っていた2階から素早く降り,蘇生中だったRelaive選手のダウンを奪い,さらにHek7or選手を討ち取る。なんとかMUSHAMARU選手がSylFy選手と,その後に駆けつけてきたClutch選手を討ち取り,全滅をまぬがれた。

 最終盤,生き残ったのはPNG3名,CGX3名,PGA2名,ROX1名の4チーム9名。CGX_Aries選手がPGA_PKMN選手を討ち取る。その後,ROXとCGXが交戦しROXが全滅,その間にPNGが肉薄し,Relaive選手がCGXのPureboy選手,Rio01選手を討ち取り,3対1対1の有利な状況を作り上げた。人数で有利を取ったPNGは決死の移動を見せたPGA_odenkunnを討ち取り,最後はCGX_Aries選手を封じ込め,勝利を得た。



PNG ADELIAE
Relaive選手(Twitch
MUSHAMARU選手(Twitch
dtds選手(Twitch
Hek7or選手(Twitch



■ROUND8(エランゲル - TPP

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

 DAY5の最終戦となるROUND8でドン勝をもぎ取ったのは姉妹チームAEGIS-ATHENSと共にPhase2からGrade1に昇格したAEGIS-HESTIAだ。
 AGHのランドマークは「Yasnaya Polyana」。今回の飛行ルートは南からやや北東に向かうルートで,Yasnaya Polyanaの直上を通るコースだ。安全地帯マップ東側で海に面しており,陸地面積は安全地帯の3分の1ほどとなった。


 初動で降り立った後,物資回収もそこそこにAGH_fumiaki選手が斥候に出て,安全地帯中央の建物の確保に成功する。その後,ほかのメンバーが物資を集めて合流した。
 この時点で確保した建物が,安全地帯に入り続ける幸運に恵まれ,寄せてくるほかチームを押し返し,最終盤を4名生存で迎える。

 最終盤に生き残ったのはAGH4名,V3F4名,DGW3名,DGB1名の4チーム12名。V3FがAGHの占拠する建物に対して強襲をかけるが,AGH_XhanZ1119選手がV3F_yobiyobi選手のダウンを奪い,続けてAGH_fumiaki選手の手りゅう弾がV3F_whitejack選手に突き刺さり討ち取った。数的有利を得たAGHはこのまま包囲してV3Fを殲滅する。
 他方,DGWはDGBと交戦し,DGB_Liifa選手に,DGW_Axell選手がダウンを奪われたものの,DGW_Gokuri選手がLiifa選手を討ち取った。

 最後はAGH4名とDGW3名の勝負となった。お互い安全地帯の逆サイドを確保し,中距離戦が展開される。試合が大きく動いたのはAGH_inkochan選手がDGW_Axell選手のダウンを奪ったときだ。数の有利が生まれた瞬間にAGHは行動を起こし,AGH_Brost選手が一気に詰め寄り,DGW_albert選手のダウンを奪う。残り1名となったDGW_Gokuri選手も決死の抵抗を見せるが,最後はBrost選手の手りゅう弾が直撃し,AGHが見事勝利した。



AEGIS-HESTIA
inkochan選手(YouTube
XhanZ1119選手(Twitch
fumiaki選手(Twitch
Brost選手(Twitch





 DAY5は昇格組の活躍が目立った。DAY4終了時点で16位だったAEGIS-HESTIAはこの日だけで1620ポイントを獲得し,一気に5位まで浮上。20位スタートとなったAEGIS-ATHENSも降格圏内から逃れられてはいないが,DAY6で脱出できる可能性が見えてきた。
 PENTAGRAM Reviveの躍進も見逃せないポイントだ。βリーグPhase2から昇格後,回を重ねるごとに順位を上げてきている。PGRのpoly選手は前人未踏の3連続モストキル賞を獲得しており,チームのキル数からもその戦闘力の高さが分かるだろう。

 Phase2 DAY5時点での総合順位1位は安定して高順位をキープしたV3 FOXだ。DAY5でドン勝こそ獲得していないが,スコア,キル数ともにトップの活躍ぶり。αリーグから参加しているチームの中では目立たない方だったのだが,ここにきてグイグイとその存在感を示している。

 Phase1とPhase2の総合スコア1位と2位が参加権を得る「PUBG ASIA INVITATIONAL MACAO 2019」だが,DAY5終了時点ではPhase1で大きな貯金を得ているSunSister Suicider'sが,まだまだ余裕の1位を保っている。
 2位は熾烈な争いとなる様相で,Crest Gaming XanaduPENTAGRAM Revive,V3 FOX,DetonatioN Gaming Whiteがほぼ横並びの状態だ。Oracle NoxとRascal Jester,そしてSCARZもまだまだ2位を狙えるスコアなので,DAY6では7チームの獲得スコアに特に注目したい。


リンク「PUBG JAPAN SERIES」公式サイト
リンク「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/348/G034868/20181106033/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
・PC PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C)DMM GAMES.(C) | PUBG Corporation. All rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

「PUBG JAPAN SERIES Season1 Grade1 Phase2」,V3 FOXがαリーグ以来の首位に立つ。PGR_poly選手が前人未踏の3連続最多キルを獲得したDAY5レポート