報道関係各位 2018年11月6日
株式会社LIXIL
--------------------------------------------------------------------
LIXILがビル&メリンダゲイツ財団とともに家庭用に
世界初の「Reinvented Toilet」試験導入に向けパートナーシップを締結
--------------------------------------------------------------------

株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、以下LIXIL)は、ビル&メリンダゲイツ財団(以下ゲイツ財団)と世界初の家庭向け「Reinvented Toilet」を開発し、2つ以上のマーケットへ試験導入することを視野に入れた、パートナーシップを締結しました。LIXILは技術、デザイン、商品開発における専門家チームを結成し、世界中の民間企業と協働しながら、試作品のトイレの開発をリードしていきます。

LIXILゲイツ財団とともに、今日までゲイツ財団が培ってきた市場調査や消費者の嗜好に基づき、使用方法やデザイン、仕様、商業取引についてのガイダンスも提供していきます。また、LIXILはこの試作品の商業化にむけた計画を幅広く周知するために、確実なビジネスモデルに必須とされる諸条件についても発展させていきます。

LIXILは、新たなオフグリッドのソリューションは生活の質を改善し、今後の変革を促す発明であると確信しています。下水道設備を必要する水洗トイレは、近代の標準的な技術に支えられていますが、世界中を見渡すと急速な都市化と深刻な水不足に直面しており、下水道の整備や改修が現実的ではない地域や不可能な地域もあります。
スマートで新しいオフグリッドはこれまで人類が挑んできたいくつかの問題を解決へ導き、21世紀の生活の質の向上をもたらしていくものです。太陽光発電システムは送電網に繋がっていなくても遠隔地に安定したエネルギーを供給し、携帯電話は数十億の人びとが即時に通信できる機能をもたらしました。

今回開発する排泄物を処理する仕組みのオフグリッド仕様のトイレシステムは、多くの人びとの衛生環境を改善し、フレキシブルで、安全で、快適な、衛生課題の解決に向けた新たなソリューションとして衛生業界に変革を起こすことが期待されます。この試作品は、富裕層から、排泄物を安全に処理する手段を持たない世界の約45億人全ての人びとを対象にしたプロトタイプの開発を目指しています。将来、清潔で安全な衛生の整備が環境に貢献するだけでなく、下水道インフラから独立したシステムが、21世紀の新たなスタンダードとなりうる可能性も秘めています。

株式会社LIXILグループ 社長 瀬戸欣哉のコメント
トイレは極めて重要なもので、すべての人の問題を解決するトイレはまだ存在しません。特にオフグリッドにおいてはなおさらです。人間主体の視点を持ちつつ、環境に配慮した設計であることもまた非常に重要です。LIXILは先進的なシャワートイレメーカーである一方、SATOのように人の命を救う簡易的なトイレを製造するメーカーでもあります。私たちは、イノベーションとデザインで持続的な衛生環境をすべての人びとに届けるために貢献してきました。ビル&メリンダゲイツ財団とパートナーシップを組むことにより、人口の急増、都市化の急速な進展や水不足など、今日我々が直面している新たな課題に対して、これまでに無い新しいソリューションをもって貢献できることに、大変期待しています」

北京のThe Reinvented Toilet Expoでのビル・ゲイツ氏のコメント
「このエキスポでの展示は、とても革新的で、ビジネスの即戦力となる、衛生関連の技術と製品の知見をちりばめたものです。この中からトイレやその他の衛生システムが発明されることに、何の疑念もありません。あとはオフグリッドがどれだけ早く普及するかにかかっています」

LIXILは、水まわり製品の世界的リーダーとして、技術的に高度なシャワートイレなどを開発し、INAX、GROHE、American Standardなどの世界的ブランドを含む製品ポートフォリオを展開しています。今回LIXILオフグリッドの衛生環境分野へ初めて参画し、第一人者として業界をリードします。このオフグリッドトイレシステムSATOブランドに属します。これまでもSATOブランドは、ゲイツ財団の資金助成を受けて開発が進められ、既に180万台以上のSATOが出荷され、安全で衛生的なトイレの無い生活を送っている約900万の人びとに、安全で低価格なトイレを提供していきます。

配信元企業:株式会社LIXIL

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ