「堀内さんに心底同意」「フロントはこれを100回音読しろ」――。プロ野球読売ジャイアンツ元監督の堀内恒夫氏(70)が古巣に宛てたメッセージが、「G党」の共感を呼んでいる。

これまで、FA(フリーエージェント)宣言をした選手を多く入団させてきた巨人。例のごとく他チームの主力を獲得しようとする姿勢に、警鐘を鳴らしている。

「強化してる場合じゃないと思うけどねぇ」

堀内氏は2018年11月6日、「補強っていうのはさ」との題でブログを更新した。

スポーツ紙の報道によれば、巨人は広島東洋カープ丸佳浩外野手(29)、埼玉西武ライオンズ炭谷銀仁朗捕手(31)、オリックスバファローズ中島宏之内野手(36)、米シアトル・マリナーズ岩隈久志投手(37)獲得に向け調査を進めているという。

堀内氏がブログを更新した前日には、巨人が炭谷選手の調査を本格化させた、と複数メディアが報じた。

「巨人、西武炭谷の調査本格化 捕手陣強化に目玉選手」(日刊スポーツ

「【巨人】FA権行使の西武・炭谷に"速攻アタック"原監督直接出馬も」(スポーツ報知

ブログは「今日はね 今朝思ったことを一言だけ呟きたいんだけども...」との書き出しで、炭谷選手を念頭に置いてか、こう続けた。

「『補強』っていうのはさ足りないところを補うのであって足りてるところを増やすっていうのは『強化』っていうと思うんだよね。今の巨人 強化してる場合じゃないと思うけどねぇ」

「堀内さんの言う通り炭谷は補強ではないよね」

巨人は、小林誠司選手(29)を筆頭に、打撃に定評のある大城卓三選手(25)、宇佐見真吾選手(25)、17年ドラフト2位の岸田行倫選手(22)ら8捕手を抱える。さらに、来季から阿部慎之助内野手(39)が捕手に復帰する。

こうした事情もあって、堀内氏のブログへは、

「ホリさん、その通りですよ、もうキャッチャーはお腹いっぱいです」
「堀内さんの言う通り炭谷は補強ではないよね」

といった共感の声が相次いでいる。

日刊ゲンダイウェブ版)の11月7日付記事では、元西武・山崎裕之氏が炭谷選手を、

「振れる選手が多い西武にあって、スイングが鈍いのは明らかです」「30代になって肩にも衰えが見え始めている。なぜ西武で出場機会を失っているのか。理由があるのです」

と評している。<J-CASTトレンド>

堀内恒夫氏のブログより