米倉涼子演じる元弁護士小鳥遊翔子が“ワケあり”ばかりを集めた弱小弁護士事務所を京極雅彦(高橋英樹)に立ち上げさせ、どんなに不利な訴訟でも勝利をもぎ取るべく突き進んでいく新感覚リーガルドラマ「リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)。

【写真を見る】おちょぼ口でキュートな表情の宮本茉由

リレー連載の5回目は、翔子と対立する大手法律事務所の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の秘書・中沢淳美を演じている宮本茉由が登場。

天馬のそばにいつもいるため、その非情な顔もよく知っている淳美は、天馬に忠実かと思いきや、何やらグレーな動向も見せる、ミステリアスセクシー美女だ。

2015年モデルデビューし、「CanCam」(小学館刊)の専属モデルを務める23歳の宮本。

本作で女優デビューを果たし、第2話では天馬から赤ワインぶっかけられるという衝撃シーンにも体当たりで挑み、話題を集めた。

そんな宮本に初めての演技について、また事務所の先輩でもある米倉ら共演者陣について聞いた。

――女優デビューおめでとうございます! ドラマの撮影現場はいかがですか?

最初の頃は、モデルの撮影現場とは全然違うと感じて、すごく緊張していたんです。

でも、回数を重ねるうちに、少しずつ慣れてきて。共演者の皆さんもすごく優しくて、私が緊張しているときに気さくに話し掛けてくださるので、すごくありがたいですし、とても楽しい現場です。

――女優として初めての演技に挑戦されていますが、演技することには慣れましたか?

事前に、演技のレッスンを受けてきましたが、やっぱり現場に入り、相手の方と初めて合わせるとまた違うこともあって。なかなか慣れるっていうことはないですけど、感覚は少しずつ分かってきた気もします。

あと、共演者の皆さんに迷惑はかけられないので、せりふをかんだらどうしようっていうプレッシャーはいつもありますね。私が失敗して、最初からやり直しになってしまうのが怖くて…。

かしこまりました」だけでもかんではいけないので、この前は、マネジャーさんにいつも「分かりました」って言うのを、ずっと「かしこまりました」って言っていました(苦笑)。

ミステリアスさを出せていけたら

――演じる淳美は、二面性があるミステリアスな女性ですよね。

そうですね。天馬先生と天馬先生の部下でもある海崎先生(向井理)への態度が全然違うようになっていくので、そういうところでミステリアスさや二面性を出せていけたらいいなと思っています。

――ミステリアスさを出すために意識していることは?

自分でいろいろと考えて、現場に入る前に感情を作っていくようにしていて。ゆっくり動いたり、ちょっと伏し目がちにしたり、人をしっかり見ないで名前を呼ばれても目を合わせずに「はい」って言ったり。そういうところは意識して演じるようにしていますね。

――ご自身に似ている部分はありますか?

私、全然ミステリアスではないんですけど、最初は「怖いから話し掛けられなかった」って結構言われるんです(苦笑)。でも、話すと普通みたいで、「話しやすいね」って言われることも多くて。ミステリアスに見えるっていう部分は似ているのかなと思います。

――第2話では、小日向さん演じる天馬からワインをかけられるシーンに体当たりで挑んでいましたが、あの時、小日向さんから何かアドバイスがあったりしましたか?

あの撮影の時は、小日向さんが、私が暗い気持ちにならないようにずっと話し掛けてくださって。小日向さんが面白過ぎて、現場が明るくなり、助けていただきました。小日向さんは、本当に頼りになる大先輩です。

あと、ワインをかけられるシーンに挑む前で緊張していた時に、菜々緒さんがお話を聞いてくれて、「どういうふうにすればいいんだろうね」って一緒に考えてくださって。最初はクールな方かと思っていたんですけど、顔合わせから笑顔で「よろしくお願いいたします」って声をかけてくださり、本当に優しい方です。

■ 「米倉涼子さんは憧れの存在」

――主演の米倉さんは事務所の先輩ですよね。宮本さんにとってどんな存在ですか?

米倉さんは私の憧れの存在で、目指している女優さんです。今回、米倉さんは対立する事務所の方なので、なかなかお会いする機会がないのが残念で…。

会見の時も思いましたが、余裕のある女性で、すごくかっこいいです。会見中もずっと米倉さんを見ていました(笑)

――リーガルドラマにちなみ、正義感が強いと思った瞬間を教えてください。

あまり浮かばないですね…(苦笑)。正義かどうかは分からないんですけど、自分で大事にしていることは、礼儀。初心を忘れずに、しっかりあいさつをして、周りの人への感謝の気持ちを忘れないってことは常に意識するようにしています。お仕事する上で一番大切なのかなと思っています。

――ドラマは勝利を懸けた戦いに挑むわけですが、それにちなんで、ここぞという勝負のときに行うルーティーンや、勝負飯があれば教えてください。

私はルーティーンがあまりないんです。決まったことをすると、できなかったときに落ち込んでしまうので。特に何も決めずに、現場に入ることが多いですね。

勝負飯は、お米の“あきたこまち”です。秋田生まれなこともあり、あきたこまちが大好きで。すごくおいしいご飯を炊いて食べると、次の日頑張ろうって思います。

実家なので、料理は母が作ってくれるのですがご飯は好きな柔らかさがあるので、自分で炊きますね。ちょっと水多めで、柔らかめな炊き具合が一番好きです。この現場でも食べて、元気を養っています。

――「リーガルV」は、ご自身にとって本作はどういった作品になりそうですか?

素晴らしい作品でデビューできて本当に光栄でありがたいのですが、おそらく何年か後に自分が成長したタイミングでこの作品を見たら、「あ~ダメだったな…」と思っちゃうでしょうね。

ですからそうならないように、しっかり頑張って人生の思い出になるようなデビュー作にしたいです。また、物語の後半にかけて淳美が物語を引っ掻き回す、いいスパイスになるようなキャラクターになったらうれしいです。

■ 第4話あらすじ

入院先の病院で深夜、峰島興業の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死した。その遺産は200億円。

峰島会長は妻と離婚し、遺言書もなかったため、一人息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額を相続する…という方向で話は落ち着こうとしていた。

ところが斎場に突如、遺族も見知らぬ女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れ、状況は一変する。

昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという玲奈は、自分は峰島会長の妻で、遺産相続の権利があると主張したのだ。

玲奈によれば、峰島会長が亡くなる前日、正確にはわずか4時間前に婚姻届を提出したという。

法律上、半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に、正太郎は大慌て。峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

一方、玲奈はお金目当てで付き合っていたわけではなく、結婚に関しても峰島会長から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。

一歩も譲らない構えで、友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通し、元弁護士小鳥遊翔子(米倉)率いる京極法律事務所に弁護を依頼するが…。

裁判当日、玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。ところが、なぜか茅野が原告側の証人として出廷。

さらに、なかったはずの遺言書が存在することも露見し…!? 

最悪の展開が続発する中、なぜ玲奈がそんなにも金を欲しがるのか、疑問に思い始める翔子。

一方、原告側を弁護する大手法律事務所・Felix & Temma法律事務所に所属するエリート弁護士・海崎勇人(向井)は、秘密裏に怪しい動きを見せる。(ザテレビジョン・取材・文=高山美穂)

米倉涼子主演「リーガルVー」で天馬(小日向文世)の秘書・中沢淳美を演じる宮本茉由