京都市左京区で2010年、不動産会社の社長だった男性宅から現金1億円を奪うなどしたとして、京都府警捜査1課などは8日、住居侵入と強盗致傷容疑で、当時国会議員公設秘書だった無職上倉崇敬容疑者(44)=別の強盗致傷事件で服役中=と無職西谷真弓容疑者(59)=同市西京区松室追上ゲ町=を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は10年9月29日午後2時40分ごろ、左京区の男性宅に宅配業者を装って訪れ、対応した男性の妻(60)に果物ナイフのようなものを突き付けて家屋内に侵入。「静かにしろ」などと脅し、妻の両手を後ろ手に縛るなどして金庫にあった現金1億円を奪い、ナイフで妻の首に軽傷を負わせるなどした疑い。

 同課によると、男性宅のインターホンに残されていた映像などから上倉容疑者が浮上。同容疑者の周辺捜査で西谷容疑者の関与が浮かび上がった。