女優の新垣結衣さん(30)が主演するドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の第5話について、「戦慄のシーンがあった」と視聴者の間で話題だ。

同作はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)を手がけた脚本家の野木亜紀子さんのオリジナル脚本のドラマで、ダブル主演をガッキーこと新垣さんと俳優の松田龍平さん(35)が務めている。2018年11月7日に放送された第5話では、新垣さん演じる主人公・深海晶が、恋人・京谷の家に居候を続ける元交際相手の元を訪れ、退去する意志はあるか否かを尋ねるなど物語が大きく動いたが、その一方で、主人公が仕事を淡々とこなすシーンの演出が視聴者の耳目を引いた。

2分間にわたり鼻歌が流れ続ける

番組中盤では、晶が以前にも増して感情を押し殺して仕事に邁進する姿を描写。「表面的には」社会人として望ましいように振る舞う晶を描くシーンだったが、そのシーンBGMとして挿入されたのが、新垣さんの鼻歌「幸せなら手をたたこう」だった。

突然のリスケジューリングにも嫌な顔一つせず応じ、社長からは「理想の部下に近付いた」と評されるなど、「嫌がる」という感情を失ったかのような晶。淡々としたシーンに重ねられた新垣さんの鼻歌は、主人公のこれまた淡々とした表情と重なり、やや奇抜な演出であるにもかかわらず妙なフィット感を維持。新垣さんの鼻歌は晶の仕事シーンが終わるまでの2分半にわたってテレビから流れ続けた。

この演出に対し、ネット上には「鼻歌まじこわい」「晶さんの鼻歌がホラー。ザワザワした」など、当該シーンに恐怖したとの書き込みがネット上に噴出。「晶が少しずつ少しずつ壊れていく」と、主人公の精神状態の危機を感じたとする意見のほか、「私も鼻歌歌いながら無感情に仕事してるときある」と、普段の自分の危うい行動に気付いたとする声もある。

後半では一転して感情露わに

なお、番組後半にはそれまでとは一転して、たまっていた感情を恋人である京谷の母親との電話の最中に吐き出して涙する晶が描かれたほか、松田さん演じる恒星と晶のキスシーンがあるなど、晶の感情についての描写が多く差し挟まれた。

大きな反響を呼んだ鼻歌シーンには、放送終了後もネット上に「ガッキーの鼻歌が怖いだなんて未だ嘗てあったただろうか!」といった驚きの声が続々。爆発寸前の主人公を演じた新垣さんの姿に戦慄した視聴者は多かったようだ。

J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

新垣結衣さん(2007年撮影)