コーヒー好きにはダメ押しとなる朗報です。詳細は以下から。

かつては飲み過ぎは体に悪いとされていたコーヒー。実際にはポリフェノールが多く含まれており、近年になって糖尿病や肝臓病の予防効果があり心臓病や脳卒中などの死亡リスクを低減させるといった「薬効」が次々と報告されています。

そんなコーヒーに、アルツハイマー病パーキンソン病という難病の予防効果があるという研究結果が出されました。

Krembil Brain InstituteDonald Weaver博士らがジャーナル「Frontiers in Neuroscience」に発表した研究によると、コーヒーの消費量とアルツハイマー病パーキンソン病の発症に相関関係が見つかったとのこと。

研究者らはコーヒーの成分がタンパク質フォールディング(折りたたみプロセスを抑制する証拠を発見。アルツハイマー病パーキンソン病はアミロイドβタンパク質が異常な折りたたみ方をされることで生じる病気とされています。

この研究では、コーヒーを焙煎する過程で生成されるフェニルインダンという化合物アルツハイマー病パーキンソン病に共通して見られるアミロイドβタンパク質タウ・タンパク質の凝集と異常なフォーディングを阻害することが分かりました。

よりしっかりと焙煎した場合にはフェニルインダンの含有量が増加するため、深煎りコーヒーの方が効果が高いということ。また、カフェインを抜いたノンカフェインコーヒーでも同じ効果が得られており、カフェインに予防効果があるわけではありません。つまり、カフェインタブレットでは意味がないということ。

フェニルインダンとアルツハイマー病パーキンソン病の原因となるタンパク質との作用に着目した研究は始めてのもので、今後はこの物質がどのように効果を現すのか、また血流中に入り、血液脳関門を超えられるのかなどを調べていくとしています。

なお、Weaver博士はコーヒーアルツハイマー病パーキンソン病の治療薬ではない事には注意が必要だとしています。

治療はできずとも予防ができるのであれば、毎朝のコーヒーの習慣はやはり大切にした方がよさそうです。

【深煎りコーヒーがアルツハイマー病とパーキンソン病の予防に効果的との研究結果】を全て見る

深煎りコーヒーがアルツハイマー病とパーキンソン病の予防に効果的との研究結果