株式会社あわーず(東京都新宿区・代表:藤田敏克)(以下あわーず)は10月15日から自社の理念、制度、特徴を全て公開した100ページ以上に及ぶ「あわーずハンドブック」を、ステーションを展開する全国の18地域に1万部を配布した。
訪問看護ステーションが自社の制度を全て冊子形式で公開するのは業界でも初めてで、地域の介護施設や病院からは
「こんなに自社の情報を公開するとは驚いている」(福井県の居宅支援事業所スタッフ)と反響を呼んでいる。

あわーずは社会保険・人事労務に関する国家資格である社会保険労務士の法人である社会保険労務士法人が母体となる
唯一の訪問看護ステーションだ。過去20年以上企業の働き方改善をサポートしてきた実績と経験を活かし、冊子では
自社の理念やサービス紹介のほか、看護師の独立を奨励する「代表取締役看護師制度」、子育て中の非常勤スタッフ
対象とした「直行直帰型テレワーク型勤務制度」、看護師からSVやマネジメント職へのキャリアチェンジを奨励する
ジョブチェンジ制度」等、訪問看護ステーションでは初となる数々のユニークワークルールを全て公開している。

あわーずは自社についての情報を全てガラス張りにすることで、地域の介護・医療業界関係者や地域住民に知ってもらい、政府の推進する「地域包括ケア」の中心的存在となるべき地域介護の核でありながら、まだまだ知名度が少ない
訪問看護の世界を広く知ってもらうと同時に、全看護師の中で3%にも満たない訪問看護従事者を増やしていくきっかけとすることが狙いだ。

リリースに関するお問い合わせ先:
株式会社あわーず  担当:中村
連絡先:TEL: 03-5348-4888 E-mail:info@ours-sr.co.jp



配信元企業:株式会社あわーず

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ