住宅宿泊事業法を活用した民泊×サービスアパートメントのハイブリット運営を開始!サービスアパートメント ビュロー渋谷にて2018年11月より宿泊予約受付!
 世界各国から中長期滞在の訪日外国人ゲストをもてなし、1ヵ月間から滞在できるサービスアパートメント “ビュロー(BUREAU)/ビーサイト(B-SITE)” シリーズを運営する株式会社スペースデザイン(本社:東京都港区、代表取締役:川島 敦)は、この度サービスアパートメント「ビュロー渋谷(BUREAU SHIBUYA)」(東京都渋谷区神南)で住宅宿泊事業法を活用した賃貸と民泊のハイブリット運営を開始いたしました。住宅宿泊事業法の活用により、従来の最短1カ月からの賃貸借契約だけでなく、民泊として1泊からのご宿泊も可能となります。
 本立地は、東京メトロ銀座線半蔵門線東急東横線・JR線「渋谷」駅から徒歩約8分に位置し、原宿、表参道や代々木公園や明治神宮にも徒歩圏内です。数多くの飲食店やデパートが集まり、最先端のファッション・音楽など文化の発信地として、また、ビジネスエリアとして利便性も高く、居住エリアとしても人気のロケーションです。

        ▲渋谷1BR(1LDK Dタイプ)
 ビュロー渋谷は、スペースデザインサービスアパートメントとして企画・運営しており、部屋タイプは2LDK(ツインベッド仕様)、1LDK他の計4タイプ。室内には家具・家電・調理用具等は勿論のこと、Wi-FiCATVhandyスマートフォン等もご用意しております。この度の住宅宿泊事業法を活用した民泊運営を開始する部屋数は8部屋 (2018年11月現在)。
▲寝室(2LDK Aタイプ・(左))▲リビング・寝室図(1LDK Cタイプ(右))
 民泊のご予約は、Airbnbにて受付しておりますが、今後、自社HP上での予約受付も開始予定です。是非、この機会にサービスアパートメントに泊まるという新しい宿泊スタイルをご体験頂ければと存じます。

■予約ページ (Airbnbアカウントページ)
ビュロー渋谷 Airbnb情報ページ: https://www.airbnb.jp/rooms/27342703
▲外観(左)▲位置図(右)

■ビュロー渋谷 施設概要
所   在 : 東京都渋谷区神南1-8-10 (東京メトロ銀座線「渋谷」駅13地上口徒歩約5分)
構造・規模: RC造、地上10階
施 設 構 成: 部屋戸数 37戸(民泊運営対象住戸はうち8戸)
竣   工 : 2016年10月
運 営 会 社: 株式会社スペースデザイン

 なお、住宅宿泊事業法を活用したサービスアパートメントは、スペースデザインでは本物件が一棟目であり、今後2018年12月にはサービスアパートメント 「ビュロー高輪(BUREAU TAKANAWA)」(東京都港区高輪4丁目)においても、民泊運営の開始を予定しております。
スペースデザインは、国内のサービスアパートメント事業においてパイオニアである運営経験を活かし、住宅宿泊事業法の活用によるハイブリット運営に取り組む事で、運営会社として更なるバリューアップをはかります。


株式会社スペースデザインについてhttps://www.space-d.co.jp/co/jp
 国内外の多様なゲストに利用されているサービスアパートメント「BUREAU/B-SITE」シリーズを、首都圏(総戸数823戸、物件数12物件)に展開。サービスアパートメント運営は国内で最も歴史が長く、海外での運営実績もある。他分野ではサービスオフィス「BUREX/BUREX LaBoシリーズホテル事業では、「レジデンシャホテル ビーコンテ浅草」(トリップアドバイザー トラベラーズチョイスワード 2018受賞)を運営。2015年浅草にオープンしたホステルBUNKA HOSTEL TOKYO」はメディア等多方面より注目され記憶に新しい。また、来春2019年3月20日に、銀座8丁目においてライフスタイルホテルとなる「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」を開業するなど常に多様な空間と良質なサービスの提供を試みている企業です。

配信元企業:株式会社スペースデザイン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ