古味直志氏による人気ラブコメ漫画を実写映画化した「ニセコイ」のスペシャルステージイベント11月8日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、ダブル主演の中島健人(Sexy Zone)と中条あやみ、共演の池間夏海、島崎遥香、岸優太(King & Prince)、DAIGOが出席した。

【フォトギャラリー】中島健人、中条あやみ、岸優太ら、その他の写真はこちら

約600人の女性客が大歓声をおくるなか、MCがキャスト陣と呼び込むと、場内のボルテージは最高潮に。中島らが颯爽と登場……と思いきや、出てきたのは"ニセ島健人"などと名乗る偽物キャストの面々。ニセ島に扮した子役の大江優成くんが「セクシーサキュー」とポーズを決めると、耳をつんざく歓声があがる。その後はニセ条あやみ(ロシアエキストラ)がロシア語で挨拶し、黒子に抱っこされたニセ崎遥香(猫)が喉を鳴らすなどシュールな時間が流れたが、改めて本物が登壇し、イベントは仕切り直しとなった。

映画は極道一家「集英組」組長の一人息子である"もやしっ子"楽(中島)と、アメリカギャング組織「ビーハイブ」ボスの一人娘である"ゴリラ女"千棘(中条)が「恋人のふりをする」ことを約束させられ、偽者の恋=ニセコイを繰り広げるさまを描く。気合いの入った変顔など、ハイテンションの熱演を繰り広げた中島は、「人生で一番変顔をしました(笑)。変顔のレシピが増えたんです。シュガーソルト、サワー、ビター、スイート。この5種類で勝負しています」と自信。中条から「ソルト! サワー!」などと指定されると、その度に表情をくるくると変化させてみせ、「手懐けられています(笑)。変顔が度を過ぎたときは、あやみちゃんが笑っちゃったことも。ファンの方にも見てほしいし、映画館で声出して爆笑しちゃってもいいですからね」と頬を緩めた。

岸は、事務所の先輩である中島に憧れの眼差しを注ぎながら「(親友役で共演できて)より一層関係が濃くなりましたし、運命を感じます」とうっとり。これに中島は「優太くんが食事の誘いをしてくれたんです」といい、「僕が『おしゃれな場所は用意できないよ』と言ったら、『特別な人と行くこと自体が、特別なんです』って」とのろけっぱなしだった。

さらに2人のイチャイチャは続き、岸が「『ニセコイ』でいいので、僕と付き合ってください。男として好きです」と告白すると、中島は「俺がお前の『King & Prince』になってやる」。温泉にも一緒に入ったそうで、「『裸の付き合いだ』といって、裸でデビュー曲を歌ったりしたね」(中島)、「今でも鮮明に覚えています。あれほど良かった温泉は、今までない」(岸)と詳述し、女性ファンを悶絶させていた。

ニセコイ」は、12月21日から全国で公開。

一緒に温泉に入ったエピソードも披露