iPhoneSiriと「読み上げ」機能を使ってセッションした動画がTwitterで話題になっています。

【画像】このSiriさん、ノリノリである

 選択したテキストを読み上げる機能で、

どんどんつどんどどんどどかどんど つどどんつどどんすたかたたんたた つたたんたんたたんたんたたんたか ぱかぽんぽんぱぽんぽんぱぱどど

 というメモに書かれた擬音語をなめらかに音読するSiriさん。すると、それが合図だとばかりにドラムギターベースが入ってセッションスタート。先ほどのSiriリードするように言葉のリズムを“読み上げ”ていて、そこに他の楽器が合わせることで、すごいノリノリなことになっています。

 さらに次の展開では、Siriが新たな擬音語テキストを読み上げ、ドラムがその通りに叩き、再びSiriが読み上げる……という、本当にアドリブセッションしているようなSiriドラムのソロの掛け合いも。言葉で説明するとシュールな内容ですが、実際に聞くとかっこ良い上に楽しく、コメントでは「最高かな」「エモい」と称賛の声が上がっています。

 投稿したのは、普段はボーカロイドで曲を作って発表している左手さん。動画をよく見ると曲作りもiPhoneアプリで行っており、本当に「ヘイSiriセッションしようぜ!」と言って作られた曲かのようです。Twitterでは他にも「娘が笑顔になった」「死ぬほど笑った」と、「謎の中毒性」から何度も再生してしまう人が後を絶たないようです。

 ちなみに左手さんの作品はYouTubeニコニコ動画で公開されており、BOOTHでは11曲入りのフルアルバム「左回転」が販売中です。

画像提供:左手(@lefthand_for_it)さん

メモを読み上げるSiriさん(※iPhoneの「読み上げ」機能はアクセシビリティのスピーチからオンにできます)