「ゆるキャラGP2018」で、三重県四日市市が、市のマスコットキャラクターグランプリにしようと、市職員を動員して組織票を投じていることが判明した。担当の観光交流課が万単位のメールアドレスを各部局に割り振り、多い部局では3000超に達した。森智広市長は「私は8月に1日30票投票した」などと発言。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

昨年のゆるキャラグランプリで4位に入り、喜ぶ三重県四日市市のキャラクター「こにゅうどうくん」と森智広・四日市市長=三重県桑名市で2017年11月、松本宣良撮影