日本の女性が韓国に住んで現地で働く様子をこれまでさまざまに見てきた。

韓国の旅行会社、ソウルガイドの情報会社、貿易会社など……。

彼女たちは変化の激しい韓国で刺激を受けながら生き生きと働いていた。

(関連記事:10点満点中、何点だった? 意外すぎる結果が出た韓国の「生活の質」満足度)

「実際に住み始めてから幻滅しました」

韓国で働く日本の女性の声を集めてみた。

最初は韓国人のバイタリティに刺激されたという話だ。

「留学に来たときはまだ甘えがあったと思います。韓国を変に理想化していたのに、実際に住み始めてからはいろいろな面が見えてきて幻滅しました。

でも、日本に帰るつもりはなかったですね。意地でも1年は我慢しよう、と。あれだけ好きな韓国にようやく住むことができるようになったのですから。念願がかなったのに本当に韓国が嫌いなわけがないと思ったんです。

その結果、韓国で仕事も見つけました。知り合った韓国人が、1日12時間勉強していると言っていました。すごいですよ。私は働いてもせいぜい9時間。だったらあと3時間勉強してもいいはずだと前向きに考えられるようになりました。それくらい、韓国の人には刺激されますね」

確かに、韓国人が潜在的にもっている上昇志向は強烈だ。明日は今日よりもっといい一日になると確信し、そのために全エネルギーを傾ける……。

「細かいことに気を使わない韓国のほうが楽。でも…」

さらに、韓国で働く日本女性の声は続く。

「多少の熱があっても韓国の人たちは会社に来ますよ。日本だったら絶対に休むような場合でも休まないんです。生きていくために必死に働いているんだなあと実感します」

「韓国のほうが楽です。日本にいると細かいところに気をつかわないといけないけど、韓国はなんでも“ケンチャナヨ大丈夫)”で済んでしまうから。それが私に合っているんです。

でも、仕事で会った初対面の人が、どんどん心の中に踏み込んでくるんです。そういう韓国スタイルに戸惑うこともあります。私は人と距離をおくほうなので、最初は“エッ”という感じ。それでも構わずぐんぐん来られてビックリしました」

なるほど。対人関係での距離の取り方は日韓で違う。日本女性にとっては、戸惑いもあるだろう。

一方、通勤時の混雑ぶりは東京もソウルも変わらない。


(写真=著者撮影)


「朝の通勤ラッシュでも、人がどんどんぶつかってくるのに謝りもしないことには驚きました。最初は本当に嫌だったけど、徐々に慣れました。最近はソウルのほうが性に合うと思うようになってきた。

例えば、私も地下鉄で相手の足を間違えて踏んでしまうことがあるけど、韓国の人はちっとも痛がらず、知らん顔してそのまま行ってしまいます。日本だったら絶対に相手が嫌な顔をするのに韓国では平気。そのあたりはちっとも神経質じゃないですね」

「人脈がないと生き残れない」

物価の高さを指摘する人もいた。

ソウルの物価は高いですね。特に外食産業が高く、外で食事ばかりしているとアッという間にお金がなくなってしまいます。

もともと給料水準も日本より高くないから、あまりお金が残らない。かなり切り詰めないと、やっていけないですね」

それでも、韓国で働くと得られるものが多い。

ソウルで働く以上、語学力がないと駄目なのは当然としても、同時にネットワークをできるだけ広げないといけませんね。人脈がない人は韓国では生き残れません

やはり、韓国は人脈優先の社会なのである。

(文=康 熙奉)

康 熙奉(カン・ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や日韓関係を描いた著作が多い。主な著書は『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

初出:ロコレ

(写真=著者撮影)