sun-3313646_640_e

 オゾン層の状態について4年に一度報告するレポートの最新版である『Scientific Assessment of Ozone Depletion: 20182018年度版オゾン層破壊の科学的評価)』が公表された。

 それによると、大気中のオゾン層破壊物質の濃度は減少を続けており、2014年の調査時点と比べてもさらに改善が見られたそうだ。

―あわせて読みたい―

オゾン層が回復していることを確認。南極上空のオゾンホールが閉じつつあるとNASAが発表
南極のオゾンホールに回復の兆しが!オゾンホールが徐々に小さくなっていることが判明
地球の磁極の反転が迫っている? 大規模な停電・電波障害が懸念される(米専門家)
畏怖の念を感じずにはいられない、ノルウェー北部を怪しく照らす虹色に揺らめく妖美な雲「真珠母雲」
未知なる気象現象を発見。成層圏に開いた巨大な穴が地上の物質を吸い上げていることが判明(ドイツ研究)

地球の生態系を保護するオゾン層

 オゾン層は、大気中でオゾンの濃度が高い層のことだ。成層圏(約10~50km上空)に約90%存在しており、高度約25 kmで最も密度が高くなる。

 酸素原子3個からなるオゾン気体は、太陽からの有害な紫外線を吸収し、地上の生態系を保護している。 また、成層圏のオゾン層は、紫外線を吸収することで、成層圏の大気を暖める効果があり、地球の気候の形成に大きく関わっていると考えられている。

回復を続けるオゾン層

 成層圏オゾンは、2000年以降毎年1~3パーセントの割合で回復を続けており、このままのペースが続けば、2030年代までには北半球と中緯度のオゾン層は完全に回復する見通しだ

 2050年代までには南半球2060年代までには極地でも全快すると予測されている。


2018 Ozone Hole Is a Reminder of What Almost Was

オゾン層を守るための世界的な動き

 オゾン層は、人間をはじめとする動物にとって有害な紫外線を防ぐという、地球のバリアのような役目を果たしている。

 しかし、冷蔵庫の冷媒やスプレーなどに使われていたクロロフルオロカーボンフロン)をはじめとするオゾン破壊物質が大気中に放出されたことで破壊が進み、オゾン層にぽっかりと穴が開くオゾンホールという現象が生じていた。

 こうしたオゾンの破壊を食い止めるために30年前に多国間で批准されたのが、モントリオール議定書である。

 これによってオゾン破壊物質の使用が規制された。今回伝えられたようなオゾン層の回復は、その輝かしい成果である。

 来年、モントリオール議定書は、2016年のキガリ改正を受けて、いっそうの規制強化が図られ、冷蔵庫やエアコンなどに使われる温室効果ガスも規制対象に含まれることになる。

 「モントリオール議定書は、歴史上もっとも成功した多国間条約です」と国連環境計画のエリック・ソルヘイム事務局長は話す。

 「オゾン層を回復させることを目指した議定書は、きちんとした科学と協調的な行動をバランスよく組み合わせ、30年を超える行動を策定しました。だからこそ、キガリ改定も温暖化防止策へ向けての未来の希望になるわけです」

iStock-174771982_e

 最近発表されたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書では、産業革命以前に比べて2度気温が上昇すれば、壊滅的な影響があると述べられている。

 同報告書によれば、キガリ改定が完全に施行されれば、今世紀中の気温上昇を最大0.4パーセント防ぐことができるという。ゆえに、2度という世界平均気温の上昇を防ぐうえできわめて重要な位置付けとなる。

 モントリオール議定書の取り組みは、温暖化を防ぐ上でも一縷の希望となるものだ。

References:UN report / Ozone layer healing, thanks to worldwide cooperation - Related News/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52267337.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

マレーシア航空370便墜落事故に新事実?消息を絶つ直前に戦闘機が接触していたという説が注目を浴びている件
最先端の便秘治療。モーター内蔵のカプセルを飲み機械的な刺激で便意を引き起こす「バイブラント・カプセル」
ドーナツ屋店主が早く病気の妻に会いに行けるように。すぐ売り切れになるようドーナツを買い込む顧客たちの連携プレイ
顔がぷっくら腫れあがるほど噛まれながら...ガラガラヘビから飼い主を救った犬が表彰される(アメリカ)
イギリスに住んでいなくてもOK。イギリス連邦に住む外国人に対して英軍への入隊が許可される

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

メキシコのピラミッドの地下で秘密のトンネルが発見される(テオティワカン)
恒星間天体「オウムアウア」が太陽帆(ソーラーセイル)を利用した異星人の宇宙船である可能性が示唆される
いったい何が?民家の敷地内で地面に穴が開き、そこから炎が噴き出したという謎(アメリカ)
やっぱ月だろ。人類が火星よりも月に注目すべき5つの理由
5655カラット!重さ1.1キロの巨大エメラルドが発見され、ネット民ざわつく(ザンビア鉱山)
オゾン層は回復に向かっている。気候変動問題に対する希望であると国連レポート