大谷はDH部門で候補に挙がっていたがJD・マルティネスに敗れる

 2018年シルバースラッガー賞が8日(日本時間9日)に発表され、打率.330、43本塁打を放ったJD・マルティネス外野手レッドソックス)がDH部門と外野部門で史上初のダブル受賞となった。DH部門で候補に挙がっていたエンゼルス大谷翔平投手は惜しくも逃した。

 打撃のベストナインにあたるシルバースラッガー賞は、両リーグ各1ポジションからその年に最も優れた打撃を見せた選手を監督・コーチの投票で決めるもの。ワールドシリーズ王者に輝いたレッドソックスからは打率.346、32本塁打のムーキ・ベッツ外野手、JD・マルティネスが受賞した。

 打率.312、39本塁打を放ったマイク・トラウト外野手は6度目の受賞、DH部門の候補に挙がっていた大谷は惜しくも受賞ならず。メジャー1年目で打率.285、22本塁打、61打点の成績を残しチームの主軸として活躍した。

 今季のシルバースラッガー賞は以下の通り。

◯ア・リーグ
捕手 サルバドールペレスロイヤルズ
一塁手 ホセ・アブレイユ(ホワイトソックス
二塁手 ホセ・アルトゥーベアストロズ
三塁手 ホセ・ラミレス(インディアンス
遊撃手 フランシスコ・リンドーア(インディアンス
外野手 ムーキー・ベッツレッドソックス)、マイク・トラウトエンゼルス)JD・マルティネスレッドソックス
DH JD・マルティネスレッドソックス

◯ナ・リーグ
捕手 JT・リアルミュートマーリンズ
一塁手 ポール・ゴールドシュミットダイヤモンドバックス
二塁手 ハビアー・バエス(カブス
三塁手 ノーラン・アレナドロッキーズ
遊撃手 トレバーストーリーロッキーズ
外野手 クリスチャン・イエリッチブルワーズ)、デビッド・ペラルタ(ダイヤモンドバックス)、ニック・マーケイキス(ブレーブス
投手 ヘルマン・マルケス(ロッキーズ)(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】