●前半からいきなりの最高潮! とまらないどころか加速し続けるワルキューレ
アニメマクロスΔ』劇中に登場する戦術音楽ユニットワルキューレによるライブイベント「扇情のプレミアムライブイベント」at 豊洲PIT9月23日、東京・豊洲PITにて開催された。

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』のBlu-rayDVD購入者限定イベントとして開催された本イベントは、大充実の全9曲のライブパフォーマンスはもちろん、3rd LIVEダイジェスト版の最速上映あり、新情報の発表ありの超濃厚なものとなった。出演者は戦術音楽ユニットワルキューレ(美雲ΔJUNNA、フレイアΔ鈴木みのりカナメΔ安野希世乃、レイナΔ東山奈央マキナΔ西田望見)。本稿では、夜の部の模様をお届けする。

▼1曲目から魅せて聴かせるワルキューレ

開演前の影ナレは、マキナΔ西田望見が担当。公演中の諸注意を『マクロスΔ』の世界観で行うのも、もはや定番だ。そして開演時間。照明が落ち、5色のペンライトが会場を彩ると、「マクロスエリシオン」の映像とともに「ようこそ!ワルキューレワールドへ」のイントロが流れ始める。

そしてイントロからAメロに転調した瞬間紗幕が落ちてそのままライブスタート。先ほど影ナレを担当した西田が「会いたかったよー!」とクラップを先導すれば、Aメロからファンからのコールも完璧。鈴木も歌声にキュートさを巧みに織り込み、JUNNAもラップ部分のセリフに音源以上の愛嬌が乗る。そして階段上含め2段となったステージを用いてW型にフォーメーションを取りながら、サビのダンスではキレのある動きで精度の高さをみせていた。

続く「チェンジ!!!!!」では、メインスクリーンに映るキャラクター5人の姿にダンスリンクさせた見事なパフォーマンスを披露。しかもそれがただ揃うだけではなく、どのメンバーを観てもエネルギーに満ちあふれているし、サビ前のハーモニーも非常に美しい。その部分を下支えする安野の歌声はさすがリーダーといったところ。2サビ後の西田と東山も息ぴったり。加えてJUNNAと鈴木のコンビネーションもよく、ライブ序盤から5人のチームワークをしっかり見せつけてくれた。

2曲歌って、安野主導でのMCパートスタート。各メンバーの挨拶では、もちろんフロアの輝きが即メンバーカラーへと変わる。まず安野の挨拶からはじまり、「歌は?」と投げかけ「命!」とかえってくると、「いっぱい言ってもらえたー!」と素直に喜びをみせる。そして横浜アリーナでの3rd LIVEから約7カ月を経ての、久々の5人のステージを「たくさんの皆さんに集まっていただけてうれしい」とまとめていた。

続くJUNNAは「ようこそ!ワルキューレワールドへ」のセリフについて「私がセリフを言っても皆さんが本当に盛り上がってくれてめっちゃうれしいです!」と触れ、東山はまさかのキャピキャピアイドルテンションでの挨拶。メンバーから「誰?」と総ツッコミを受けると「なんでもない……たまにはそんな日もある……」と改めてレイナとしてそれを受ける。

また、西田は「今日はずっとマキナの声じゃなくていいと言われた」と、念願の素の声でシャウト煽り。その一方で、「曲中はマキナできゃわわをお届けできるよう頑張ります!」とまとめていた。そして鈴木も「お前らの元気まだまだそんなんじゃねぇだろうがー!」と何故かその流れを引き継ぎつつも、「顔がよく見れてうれしい!」と語り、この日限定で振る舞われた“ウィンダミア宰相 監修のお弁当屋 『うぃんだみあ亭』”のメニューの話題を経て、「今日は楽しくヴァールを鎮圧していきたい」とまとめ、再びライブへと移る。

3rd LIVEの映像も初出し!生コメンタリーにファンも大喜び

ここからは3曲連続での披露となったのだが、序盤にして畳み掛けるような勢いを持って「一度だけの恋なら」「絶対零度θノヴァティック」と「Walküre Attack!」が、立て続けに歌われた。その「一度だけの恋なら」、Bメロでハーモニーの精度がさらに研ぎ澄まされていることが感じられ、その印象はサビに入っても不変。

最も長く歌われている曲のひとつだからこそ、5人のレベルUPがつぶさに感じられる。2サビ最後のロングトーンをはじめ、まっすぐで強いだけでなく深みを増したJUNNAのボーカルは、もう安定かつ圧巻のものだ。また、続く「絶対零度θノヴァティック」の、頭サビ後のグラインドの五声はこの日も完璧。次々と追っかけの聴かれるBメロからのサビ、そして2サビ後の五声の重なりも素晴らしい。一方ダンスパフォーマンスの面でも、サビの手の動きが非常に細かいながらもピシッピシッとしていて、一個もスキがない。前期/後期OPを連続で畳み掛けてのこのクオリティという点も、さらに驚かされるポイントだ。

しかもそれに続くのが、「Walküre Attack!」というのもまたすごい。1サビでは再び階段上ステージも用い、サビで鈴木、JUNNAのツインボーカルが前に出るこの曲らしいW型のフォーメーションを取ってかっこよく魅せていく。そのふたりはサビラストロングトーンを突き抜けるように思い切り歌い上げ、逆にDメロはふたりが階段上ステージで背合わせで披露。加えて、落ちサビ前のダンスタイムも5人の動きがきれいに揃い、かつキレのあるダンスを披露する。

披露後、実は昼公演では「破滅の純情」が歌われていたことが東山から明かされる。そして、「Walküre Attack!」のイントロの部分の振りが新たに追加されたことを明かし、さらにその振付を「1日で覚えた」と鈴木が語り、場内は驚きでどよめく。

そんななか、今年2月開催の3rd LIVEダイジェスト映像をメインスクリーンで上映することに。生コメンタリー付きであり、なおかつフィルムコンサートのようなこのコーナー。まずライブオープニングムービー「Walküre Launch!!!!!」に登場する5人分のモーションキャプチャーを、西田が担当したことが明かされ、鈴木に「のぞキューレ」と茶化される。また「チェンジ!!!!!」のJUNNAが次々に「女神」と称され、鈴木も「色っぽい」と称賛。

ワルキューレは裏切らない」の部分でコールを受けた際には、「覚えてくれて一緒に歌ってくださるのがうれしい」と安野が口にしていた。そして「ダイアモンド クレバス」でMay'nが登場した際には「本当に“降臨”してるよね……」「歩き方が綺麗!」と全員が絶賛。思い出を呼び起こしながら、楽しく盛り上がったダイジェスト上映が終わると、東山が「これだけでイベントができそう」とその話で盛り上がった。

MACROSS CROSSOVER LIVE 2019に『劇場版マクロスΔ』完全新作……ファン歓喜の“今後の約束”が次々と
アドリブを交えるからこそ、逆に顕在化する5人の“凄さ”

そしてそのライブ映像を受けて、安野が「次の曲は、この映像に入っていなかった曲を……」と続けると、「Absolute 5」からライブ後半戦スタート。スピンのタイミングひとつ取ってもとにかく精度が高く、それでいて歌声はのびやかなまま、イントロ中のコーラスからハーモニー美しいままで、“スキがない”とはこういうことを言うんだなぁ……と圧倒されてしまった。

しかし会場のボルテージは、続く「ワルキューレは裏切らない」でさらにUP。ステージ上では、あくまでナチュラルフォーメーションチェンジをしつつ、振付も含めたBメロのフレーズが次々とリレーされていき、目も耳も引きつけていく。また西田、東山のこの曲での、特に2-Aメロでの歌声は、“マキナ”として、そして“レイナ”として強く歌う”という非常にピンポイントコースを見事に突く素晴らしい表現だった、激しい間奏のダンスタイムにおいてはっきりと笑顔の見えた安野の凄さも、見逃してはいけないポイントだったように思う。

本当に圧倒的な、今のワルキューレの最高レベルが発揮された1曲となったが、ここに「ワルキューレがとまらない」を続け、勢いを緩めず突き進むのもまた今の5人の凄さ。ここではステージの中央に安野を残しつつ、上手側には鈴木、東山、下手側にはJUNNA、西田と立ち位置が分散。両サイドファンの近くでもパフォーマンスを繰り広げる形を取る。

そのなかで、JUNNAと西田のテンションが上がり勢い余ってかハグ。それが上手の鈴木、・東山にも伝染すると、Bメロでは安野もそのふたりに合流し、3人でハグを交わす。ただ、それが見せ物として成立するのは、本筋のパフォーマンスがパーフェクトだからということは、改めてお伝えしておきたい。Dメロのコーラスもやはり大変美しい仕上がりだし、その他もダンスボーカルともに確実にレベルUPが見て取れる。微笑ましさの裏側の質の高さも、決して見逃してはならないものなのだ。そしてラスサビでは「ラスト行くぜー!」からの鈴木の煽りに合わせて銀テープが発射され、場内はますます熱を帯びていく。

▼声の上がり続けた「ルンピカ」は、観客からの何よりの素直な評価

曲明け、「JUNNAちゃんが死んじゃうんじゃないかかと思った(鈴木)」「私を殺すセトリ(JUNNA)」とここまでの怒涛ぶりに触れ、笑いを誘ったところで、新情報のお知らせ。なんと2019年6月1日・2日に「MACROSS CROSSOVER LIVE 2019」の開催が決定! もちろんワルキューレの出演も決定しており、「来年のお約束もできまして……(安野)」などと喜びをそれぞれ口にしていた。

そしてラストナンバーとして、メインスクリーンに映し出されたワルキューレのロゴを背負いながら、「Dancing in the Moonlight」がスタート。頭サビ前に、それぞれが決めポーズで個人のワルキューレサインポーズを決めつつ、ハッピーダンスナンバーでフロアをノセていく。気持ちが高ぶったのはステージ上の5人も同様だったようで、なかでも2コーラス目に入る頃から最後まで、鈴木のテンションが高くまさにルンがピカピカ光っているような様子だったし、その横に立つJUNNAも終始いい笑顔。その一方で大サビ前の一音ずつのリレーからマイクで円を描きながらののハモリも非常に見事で、テクニカルな部分も見せつつ楽しくライブを締めくくってくれた。

最後に、完全新作『劇場版マクロスΔ』の製作決定を5人揃って発表。今日最高音量の歓声が、会場に響き渡る。そして場内一体となって万歳を数回交わし「ワルキューレは、『マクロスΔ』とともにいつまでも走り続けたいと、私は思っております!」と鈴木の挨拶でライブは終幕。

観客への挨拶中にBGMとして流れていた「ルンがピカッと光ったら」が、ふいに会場中の大合唱へと発展。その様子を目に安野も「名残惜しいねぇ」と素直な気持ちをこぼしていた。そして階段上のステージに上がり、5人からオフマイクで挨拶があり降壇したあとも、「ルンがピカッと光ったら」が流れている間はずっと、フロアからはコールが上がり続けていた。そして、曲が終わったところで流れ始めた客出しナレーションフレイア(鈴木)が担当。そんなファンへ向けてのメッセージと言わんばかりに、「ワルキューレは、まだまだとまらないかんね!」の言葉を送り、プレミアムイベントは幕を下ろしたのだった。

楽曲としては9曲が披露されたこの日のイベント。いずれの曲も目が離せない、というかどこを観ても高クオリティパフォーマンスが繰り広げられていてどこに視線を送ればいいか迷うレベルの、非常に濃厚なものだった。その凄さに観客が大満足していたことは、前述の「ルンピカ」のくだりで感じ取っていただけるのではないだろうか。来年の「MACROSS CROSSOVER LIVE 2019」、そして『劇場版マクロスΔ』完全新作で待ち受けるあらたな物語に向かって、ワルキューレはますますその歌声もパフォーマンスも研ぎ澄ませてくれることだろう。次彼女たちに会うその日まで、まだまだワルキューレの全力疾走は、とまらない。

ワルキューレ「扇情のプレミアムライブイベント」at 豊洲PIT
SET LIST】
M1.ようこそ!ワルキューレワールド
M2.チェンジ!!!!!
M3.一度だけの恋なら
M4.絶対零度θノヴァティック
M5. Walküre Attack!
M6.Absolute 5
M7.ワルキューレは裏切らない
M8.ワルキューレがとまらない
M9.Dancing in the Moonlight

Blu-ray&DVDLIVE 2018 “ワルキューレは裏切らない” at 横浜アリーナ」好評発売中
(須永兼次)

画像提供:マイナビニュース