桂正和の漫画「I”s(アイズ)」を原作にしたスカパー! 放送・配信の実写ドラマ作品が、ヒロイン・葦月伊織役に白石聖が決定したことを発表した。あわせてビジュアルも公開している。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 「I”s」は週刊少年ジャンプ1997年2000年に連載され、伝説的な人気を博した桂正和原作の漫画。妄想が妄想をよぶ男性目線のラブストーリーは、当時多くの反響をあつめ累計発行部数は1000万部をこえる超人気作品となっている。

 実写ドラマ化は2017年に発表。以来キャストが続々発表されている。これまでに発表されたのは、主人公・瀬戸一貴/岡山天音、寺谷靖雅/伊島空、越苗純/小越勇輝、木田茂吉/冨田佳輔、鮫島/水石亜飛夢

 そして今回発表された葦月伊織は、歴代漫画史に残る絶対的美少女として人気が高く、キャストを決めるにあたってはオーディションを開催。審査員として原作者桂正和も参加し、約700名もの応募の中から白石聖が選ばれている。

 なお、今後は、秋葉いつき、磯崎泉、麻生藍子役が順次発表予定。連続ドラマ「I”s」は、BSスカパー!スカパー! オンデマンドにて12月21日午後9時より放送・配信スタートする。


<白石聖コメント
伊織という、素晴らしいキャラクターを演じさせて頂けたことをとてもありがたく思います。漫画史に残る桂先生の作品でヒロインを務めることの責任感は、1 年前の撮影からこの日まで、忘れたことがありませんでした。今、実写化する意味を考えながら、どんな時代も変わらない様々な愛のカタチを丁寧に表現することに努めました。伊織として生きられた撮影期間は、私にとって宝物です。まだ「I”s」と出逢っていない方も、より多くの人にお届け出来たらと思います。原作が大好きな方は是非、漫画を読み返しながら観て頂きたいです。

(C) 桂正和集英社スカパー!
(C) 桂正和集英社
情報提供:スカパーJSAT 株式会社

「I”s」実写ドラマ 絶対的美少女の葦月伊織役に白石聖が決定