泥酔(©ぱくたそ/写真はイメージです)

酔っ払って歩道や車道に寝込む「路上寝」が、沖縄で深刻な社会問題となっていると報じられた。インターネット上では、心配の声があがっている。

 

■女性は性被害にあうケースも

報道によると、路上寝に関する110番通報は、2008年は5245件だったものが、13年には6,577件に増加。16年には過去最悪を更新し、17年には7016件だったという。

今年に関しては、8月末までで4,575件に上り、交通事故による死者が2名。財布を抜き取られるなどの窃盗被害も多く、女性の場合は性犯罪に巻き込まれるケースもある。

これを受け、警察や自治体は、警告書を発行したり、適正飲酒を呼びかける啓発活動を強化したりするなど、対策に本腰を入れ始めたとのことだ。

 

■ネットでは「実際に見かけた」の声も

今回の報道を受け、ツイッターなどインターネット上では、「気をつけなければならない」といったコメントが寄せられている。

「自分は沖縄に住んでいるのですが、本土から引っ越してきて、この噂の路上寝を聞いてた通り見かけることがあります。初めて見たときは『本当にいるんだ!』とビックリしました」

 

「自分は沖縄で暮らしているが、まだ路上寝は見かけたことがない。ただ、自分の知り合いの友達が路上寝で亡くなったという話は聞いたことがある。いずれ路上寝している人を見かけるかもしれないから、気をつけなければいけませんね」

 

「これ別に沖縄の路上寝が増えたのではなく、通報が増えただけのように思う…。沖縄にいったときは当たり前のようにいて気にも留めていなかった」

 

「これマジで見かけるからシャレにならんのよ…。なんだかんだで暖かいから凍死はないんだけど」

 

また、コメントの中には、「実際に沖縄で路上寝をしている人を見たことがある」といったものも見られた。

 

■「路上寝」をしたことがある人は?

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,363名を対象に、「路上寝」について調査したところ、全体のおよそ1割の人が「泥酔して路上で寝てしまった経験がある」と回答した。

泥酔グラフ

今回、報じられた沖縄の「路上寝」問題。交通事故や窃盗、女性であれば性被害にあうケースもあるなど、注意する必要があることは言うまでもないだろう。

・合わせて読みたい→泥酔して路上で寝ていた男性、突然下着を脱がされ… 耳を疑う惨事に絶句

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年8月31日2018年9月3日
対象:全国の20〜60代男女計1363名(有効回答数)

酔っ払って寝ていた女性が襲われる悲劇も 沖縄で深刻な「路上寝」問題に絶句