日本の佐藤瞳を破り2回戦進出した23歳スッチにITTF脚光

 卓球のITTFワールドツアーオーストリアオープン」は8日、女子シングルス1回戦を行い、日本勢では前週のスウェーデンオープンで優勝した伊藤美誠(スターツSC)、平野美宇(日本生命)らが2回戦進出を決めた。一方で国際卓球連盟(ITTF)が脚光を浴びせているのが、ルーマニアの美女選手だ。同連盟の公式インスタグラムで勝利後の1枚を公開すると、ファンの反響を呼んでいる。

 脚光を浴びているのは、ルーマニアの美しき23歳ベルナデッテ・スッチだ。1回戦で日本の佐藤瞳(ミキハウス)と対戦し、フルゲームの激戦の末4-3で勝利。試合後、インタビューボードの前で、ユニホーム姿のスッチは白い歯を見せながら左手でピースサインメイクもばっちり決まっており、試合後とは思えない美しさだ。

 ITTFは「タイトな試合でルーマニアのベルナデッテ・スッチが佐藤瞳を4-3で勝利した」とつづり、スッチの写真を公開。フォロワーからは「おめでとう!」「良くやったぞ、ベルニ!」「相変わらず美しい」などと反響のコメントが書き込まれていた。

 自身のインスタグラムでは過去にモデルばりにポーズをばっちり決めたオフショットを公開するなどし、日本でも以前からツイッター上で話題になっていた。2回戦ではこちらも“可愛い”と言われる、世界ランク6位の劉詩ブン(中国)と対戦する。日本勢と共に、美女対決の行方にも注目だ。(THE ANSWER編集部)

ベルナデッテ・スッチ【写真:Getty Images】