JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)愛知支部(支部長 寺町一憲)は11月11日(日)、東山自動車学校名古屋市名東区大針)にて「シニアドライバースクール」を開催します。
この講習会は、身体機能の衰えが生じ始める50歳以上のベテランドライバーが対象で、永年の運転で癖づいた自己流運転を見直し、今後の予防安全に役立てていただく事を目的としています。

参加者からは「反応の衰えを認識できた」「わかっていても急ブレーキを踏めなかった」「自分では良いと思っていた運転姿勢を見直すことができた」「死角が思っていたより広範囲だった」と感想をいただいています。

また、今回は希望者に先進運転支援システムプリクラッシュブレーキとAT誤発進制御)の体験も行います。

【日 時】 
2018年11月11日(日)13:00~17:00

【会 場】 
東山自動車学校名古屋市名東区大針三丁目100番地)

【定 員】 
14名(予定)

【内 容】
1.正しい運転姿勢とクルマの死角
2.空走距離と制動距離の確認
3.先進運転支援システム体験
プリクラッシュブレーキ(主に先行車への追突の回避支援を行うもの)
・AT誤発進制御(まさかの急発進を抑止するもの)
4.見通しの悪い交差点の通過方法 など

【後 援】 警察庁国土交通省


配信元企業:一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ