【大きい画像を見る】アンディー・メンテ作品がSteamに登場『Vampire Bloody Star X』配信開始【UPDATE】

長年に渡る、様々な数多くのフリーソフトの制作で知られるアンディー・メンテは、Steam向けにシューティングゲームVampire Bloody Star X(ヴァンパイア・ヴラッディ・スターX)』を配信しました。

同作は、画面・BGMともにスタイリッシュな雰囲気で展開する全方向型のシューティングゲーム。最初にプレイすることになるNORMALモードでは、基本的には自機位置も固定で、全方位から迫りくる敵に触れないように、ショットとバリアーを駆使して切り抜けていく内容です。

ただし、スコアを使用するステージ間のショップパワーアップ購入や、ゲームプレイで開放される多数のモードにおいては、ロックオン攻撃や自機移動、敵の弾幕攻撃などの要素が順次開放。様々な遊び方を楽しめ、オンラインランキングも実装されています。


オリジナル版は2013年フリーソフトとしてリリースされた同作。今回のSteam版では、ゲーム内に言語切替機能が追加された他、新ステージで構成される、NOMAL MODEQUEEN MODE、HEAVEN MODEの実装、サウンドトラックのみに収録されていた楽曲の追加など、様々な改良が施されています。


アンディー・メンテは、1997年より、フリーソフトを中心に数多くのゲームタイトルを発表してきたデベロッパー。独特の世界観や物語、やりこみ要素などで根強いファンを有している他、代表の泉和良氏は小説家・作曲家としても知られています。また近年ではアナログゲームも発表。今後の同デベロッパーの特徴的なRPG作品の登場の可能性なども含めて、今回のSteam登場を嬉しく思うファンも居るのではないでしょうか。

Vampire Bloody Star X』Steam版は310円にて配信中です。

※UPDATE (2018/11/9 20:38):Steamページフリーソフトからの更新点が記載されたため、本文を修正しました。【ほかの画像を見る】アンディー・メンテ作品がSteamに登場『Vampire Bloody Star X』配信開始【UPDATE】
アンディー・メンテ作品がSteamに登場『Vampire Bloody Star X』配信開始【UPDATE】