株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社Glats(東京・品川/代表取締役社長:杉原 聡)が運営する「Kimini英会話」にて「特訓コース」をリリースいたしました。

■特訓コースとは・・・
「海外旅行の前に外国に行っても困らない最低限のトラベル英会話を練習したい」、「自分の弱い英語表現を集中的に練習したい」など、目的がはっきりしたケースが多くあります。

そういった皆様からの強いご要望にお応えする為に、Kiminiの既存コースより10回分の単元をピックアップした時短コースを設計しました。目的の特訓コースを受ける事で、最短で目標に到達するお手伝いをいたします。

※特訓コースは、既存のコースから単元を選んでコンパクトにまとめなおしたコースのため該当するコースをすでに受講されている場合、一度受講したことのある内容を、再度受講いただく形となりますので、その点はご了承ください。一度受講されたレッスンでも、復習として再度受講いただき、より定着させていただくことを目的としています。

■受講できる料金プラン
特訓コースの受講には、スタンダードプラン以上へのご加入が必要となります。
ライトプランでは受講いただけませんのでご了承ください。

■特訓コースラインナップ
<発音&文法>
・発音特訓コース日本人が苦手な発音>編
・文法特訓コース<be動詞と一般動詞>編
・文法特訓コース<現在の文>編
・文法特訓コース<過去の文と未来の文>編
・文法特訓コース<現在完了形>編
・文法特訓コース<助動詞>編
・文法特訓コース<依頼・提案>編
・文法特訓コース<つまずきやすい文法>編
・文法特訓コース<基本5文型>編
・文法特訓コース<時制の違いをマスター>編
・文法特訓コース<仮定法・受動態・比較の文>編

<海外旅行&おもてなし
・海外旅行直前!特訓コース<移動>編
・海外旅行直前!特訓コース<食事>編
・海外旅行直前!特訓コース<観光>編
・海外旅行直前!特訓コースホテル・ショッピング>編
・自分の事を話そう!特訓コース自己紹介>編
・自分の事を話そう!特訓コース<家族・趣味>編
・自分の事を話そう!特訓コース<トピック>編
・Welcome to Japan!特訓コース<案内>編
・Welcome to Japan!特訓コース<会話>編
・Welcome to Japan!特訓コース<行動>編

ビジネス
ビジネスシーン特訓コース<電話・メール・ミーティング>編
ビジネスシーン特訓コース<プレゼン対策>編
ビジネスシーン特訓コースビジネス文法>編1
ビジネスシーン特訓コースビジネス文法>編2
ビジネスシーン特訓コース<語彙強化>編1
ビジネスシーン特訓コース<語彙強化>編2
ビジネスシーン特訓コース<語彙強化>編3
ビジネスシーン特訓コース<上司/部下が突然外国人に>編
ニューストーク特訓コース<The Japan Times ST>編

==============================
■Kiminiのレッスン概要
レッスン|25分のマンツーマンレッスン
レッスン開講時間|毎日6時~24時(日本時間)毎時0分30分スタート
フィリピンの祝日は休講となります。(祝日の確認は[フィリピンの祝日2018]で検索)
レッスン予約|レッスン時間の15分前まで可能
キャンセル(変更)|レッスン直前まで可能
※ただし1日に5回以上キャンセルすると、その日は予約できません

■Kimini学習システム
Skypeなどのフリーソフトを使わず、ブラウザを使用する自社開発の学習システムにてレッスンを受講いただきます。スマホタブレットでの受講にも対応しております。

■受講環境について
https://jp.glats.online/faq/video

株式会社Glatsについて
Glatsは、"最高のテクノロジーで本物の学びを"をコンセプトに、独自開発の学習システムインプット・アウトプットのサイクル学習によって効率化するオンライン英会話「Kimini英会話」を展開するテクノロジーカンパニーです。
所在地|東京都品川区西五反田2-11-8
代表者|代表取締役社長 杉原 聡
創 立|2016年7月
資本金|1億2050万円(資本準備金含む)
事業内容|オンライン英会話スクールの運営

・公式サイト
https://glats.co.jp/

・公式Facebook
https://www.facebook.com/kimini.jp/
・Kiminiブログ
https://glats.co.jp/english/

本件に関するお問い合わせ先
株式会社Glats 広報|E-Mailmarketing@glats.co.jp

配信元企業:株式会社 学研ホールディングス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ