ロンドン 8日 ロイター] - 英宇宙物理学者の故スティーブン・ホーキング博士の論文や電動車いすなど遺品22点がオンラインオークションに掛けられ、車いすは29万6750ポンドポンド(約4410万円)で落札された。事前の予想の1万5000ポンドを大きく上回った。

また、1965年の論文「膨張する宇宙の性質」には58万4750ポンドの値が付き、これも予想の15万ポンドを大きく超えた。

メダルや賞などは29万6750ポンドで落札された。予想は1万5000ポンドだった。

競売会社クリスティーズは、ホーキング財団や運動ニューロン病協会の募金活動のため、「On the Shoulders of Giants(巨人の肩の上)」と銘打ったオークションを9日間開催した。

車いすの天才科学者」として知られ、今年3月に76歳で死去した博士は21歳のときに全身の筋肉が徐々に動かなくなるALS筋萎縮性側索硬化症)を発症。人生の大半を車いすで過ごした。

 11月8日、英宇宙物理学者の故スティーブン・ホーキング博士の論文や電動車いすなど遺品22点がオンラインのオークションに掛けられ、車いすは29万6750ポンドポンド(約4410万円)で落札された。事前の予想の1万5000ポンドを大きく上回った。写真は先月30日撮影(2018年 ロイター/Toby Melville)