俳優のヒュー・ジャックマンが実在の政治家を演じる映画『The Front Runner(原題)』が、邦題を『フロントランナー』として来年2月に公開されることが決定。併せて30秒の予告編とポスターが解禁された。予告編では、圧倒的なカリスマ性を持つ若き政治家という、これまでとは異なる役柄に挑んだヒューの姿を見ることができる。

【写真】「ヒュー・ジャックマン」フォトギャラリー

 本作は、1988年米国大統領選挙にて、史上最年少で最有力候補“フロントランナー”となった実在の政治家ゲイリーハートが、たったひとつの報道がきっかけで失脚するさまを描く作品。ヒューは今回の役を演じるにあたり、ゲイリーに関する膨大な資料を読み込み、本人とも対面したという。映画『マイレージ、マイライフ』でアカデミー監督賞と脚本賞にノミネートされたジェイソンライトマンが監督を務める。

 1988年米国大統領選挙でコロラド州選出のゲイリーハート(ヒュー)は、史上最年少で最有力候補“フロントランナー”に躍り出る。知性とカリスマ性を兼ね備えたゲイリーは、ジョン・F・ケネディの再来として大衆に愛され、当選は確実視されていた。しかし、マイアミ・ヘラルド紙の記者が掴んだ“ある疑惑”が報じられると事態は一変。勝利を目前にして、ゲイリーの築き上げた未来は崩れ去り、ひとつの決断を下す時が訪れる。

 予告編は、当選確実と報じられ、華やかにフラッシュを浴び、自信に満ちあふれたゲイリー(ヒュー)の姿からスタート。しかし、ある“疑惑”が報じられた時から状況がガラリと変わり、マスコミに追われ、車の中で戸惑ったような表情を浮かべるゲイリーの姿が映し出される。次いでさまざまな立場の人物が登場する映像に「たったひとつの報道が、たったひとつの人生を消し去った」というナレーションが重なる。最後は「明日の朝、私の記事が出る」と電話で話すゲイリーの姿に、「我々は、たったひとつの真実を知る」というナレーションが続いて締めくくられる。

 併せて解禁されたポスターは、疑惑が報じられた後、車の中でマスコミフラッシュを浴びるゲイリーの姿を捉えたものとなっている。

 映画『フロントランナー』は2019年2月1日より全国公開。

映画『フロントランナー』ポスター