(C)Featureflash Photo Agency / Shutterstock

一時は「今年の『NHK紅白歌合戦』出場は確実」といわれていた韓国アイドルグループ『防弾少年団』(BTS)。しかし、過去にメンバーが原爆を揶揄するようなTシャツを着ていたことが話題となり、11月9日Mステ出演も中止。紅白出場にも暗雲が立ち込めている。

【関連】『NHK紅白歌合戦』 熾烈を極める“4組”のジャニーズ枠から漏れたのは… ほか

実際にネット上の反応を見ると、

《紅白にK-POPなんて必要ない。日本の大みそかは日本人だけでいいです》
《原爆Tシャツグループは紅白以前に日本入国を禁止すべきでしょ》
《もしこれで出場となれば、NHKはホントに腐ってると思います》
《そもそも“韓国枠”があるのがおかしい》

などといった声が上がっている。

もしBTSが出場となれば、大炎上は避けられないだろう。しかしNHKは、それでも出す可能性があるという。

NHKではいまだに会議が行われ、議論が毎日白熱している状態だとか。『出さない』と決めれば済む話のように思えますが、『紅白歌合戦』には視聴率を取れるアーティストを出場させるのが何よりも優先事項。アンチがどれだけ騒ごうと、韓国アーティストは数字を持っていますからね」(テレビ雑誌編集者

 

Mステ出演中止!それでも『BTS(防弾少年団)』を紅白歌合戦に呼びたいワケ

数字の取れる韓国アーティスト

昨年の紅白では、韓国で結成された女性9人組アイドルグループ『TWICE』の出演時に、視聴率37.4%を記録。これは、前半の部5位という高記録だ。

12年から16年の5年間は韓国アーティストが出場しなかったが、11年には『東方神起』『少女時代』『KARA』と3組も出場し、いずれも高視聴率を記録している。

NHKの本音は『演歌歌手を切りたい』でしょうね。若者になじみのない『演歌歌手』出場時には、裏番組の『ダウンタウンガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)にチャンネルを代えられてしまう傾向があります。特に顕著なのは、五木ひろし登場時。15~17年は、五木出場時にガクンと視聴率が下落しています」(同・編集者

14年の紅白では、『SEKAI NO OWARI』『Perfume』『ゴールデンボンバー』『ももいろクローバーZ』『関ジャニ∞』とつなぎ、視聴率は42%ほどをキープ。しかし、その直後の『氷川きよし』『水森かおり』『五木ひろし』の演歌ゾーンで、一気に38%ほどまで下落。この異様な急落には、NHK職員も顔が真っ青になったことだろう。

視聴率を取るためには、「演歌歌手じゃなく韓国アーティスト」というのが、日本の大みそかの風物詩紅白歌合戦』の哀しい現状だ。

 

【画像】

Featureflash Photo Agency / Shutterstock

(C)Featureflash Photo Agency / Shutterstock