防災グッズは、市販されている物を購入することである程度をカバーすることができます。

しかし、東日本大震災を体験した筆者は、それだけではカバーできない部分もあるということを、身をもって体験しました。

今回は、防災グッズとして必要なものを迷わず準備できるように衣食住」の3つに分けて用意する方法を書きます。

“セリア”のアイテムだけでOK!ガスコンロ「グリル排気口」は掃除しなくていい!?

最初の避難時に持ち運ぶ防災グッズの準備

防災グッズ

基本は、市販されているものを使ってもいいです。ただ、不足部分を補うために準備しておきたい(持って出た方が良い)ものを「衣食住」に分けて準備することをおすすします。

ポイントは、いかにコンパクトにまとめて背負えるかです(両手が使えることが大切です)

 

「衣」の準備

衣服

ここは、衣類など身につける物と考えてください。

  • 雨風に強い上着(季節を問わずウィンドブレーカーのような上着は重宝します。)
  • タオルと大きめバスタオルなど(拭くことも掛けることもできます)
  • 生理用品(1日分は試供品などで補えます)

 

「食」の準備

食品

  • 缶詰(カンパンやパンなど、開けたらすぐ食べられる物)
  • 飲料水(長期保存水がオススメです)
  • 甘い物(すぐに口に入れられるアメなど)

 

「住」(生活必需品)の準備

生活必需品

これらをリュックに入れていきますが、重さに注意しましょう。

防災グッズ

実際に背負って避難をしたときは、詰め込みすぎていたせいもありますが、重くて大変でした。

そこに幼児を抱えていましたので、余計に大変だったのを覚えています。入れる物は厳選し、できるだけ軽くしましょう。

 

災害がおさまってからの「第2の防災グッズ」

第2の防災セット

災害がある程度おさまり、日中に自宅に戻れることがあるかと思います。

その時は、ライフラインが止まっていることも十分にあります。

また、買い出しに行っても買えないこともあります。その時のために2つ目の防災グッズが必要なのです。その中身をご紹介します。

 

「衣」の準備

第2の衣の準備

 

「食」の準備

第2の食の準備

  • 温めなくても食べられるもの(ご飯に味がついておかずがいらない物がオススメ)
  • 飲料水入れ(折りたためる容器がオススメです。給水が始まったらすぐに用意できます)
  • 割り箸
  • プラスティックコップおわんの代わりになります)

今回は一部しかお見せしていませんが、最低でも家族が2日程度食べられる分を用意しておきましょう。

 

「住」(生活必需品)の準備

第2の「住」の準備

物を入れるものはリュックでなくても大丈夫ですが、運びやすい容器やカバンを用意してください。

ちなみに筆者宅はボストンバッグです。

ボストンバッグ

 

乳幼児がいる場合は中身に工夫を

子どもを抱いて避難ができるようにしなければならないのですが、できるだけ軽い物を中心に用意することをオススメします。

防災グッズに用意しておくといい子ども用品

 

おしりふき
だーちゃん / PIXTA(ピクスタ)
母子手帳
Graphs / PIXTA(ピクスタ)
おもちゃ
JanPietruszka / PIXTA(ピクスタ)

子どもの成長によって変わってきます。

ですから、「サイズが変わったとき」や「衣替えのとき」などに見直しをすることをオススメします。

 

防災グッズ
EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

いかがでしたか。

災害で避難を余儀なくされる状態になって時は、意外とパニックになってしまうものです。「これだけ持って、さっと避難できる」ようにしましょう。

避難先では不安を感じてしまうことが多いですが、2つ目の防災グッズがあるだけでその不安もかなり和らぎます。

筆者の経験が、今後少しでもみなさんのお役に立てたら嬉しいです。

pixta_28347269_S