タイチ選手のツイートがきっかけで対談が実現

 2018年8月9日に発売されたプレイステーション4版『ファイプロ ワールド』が、穏やかではない状況に置かれている。発売後に不具合が多数発覚し、ユーザーの怒りを買っているのだ。そんなユーザーの声を代弁するかのように、プロレスラーのタイチ選手が自身のTwitterアカウントで不満を爆発させた。


【画像3点】「PS4版『ファイプロW』の不具合にキレたプロレスラー・タイチ選手と松本朋幸総監督との対談が実現。不具合の真相に迫る。緊急会見も決定!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 これをキャッチした週刊ファミ通取材班は、タイチ選手と本作の総合監督である松本朋幸氏の対談を企画し、10月某日、両者の対談が実現。週刊ファミ通2018年11月15日号で、その模様が掲載された。


※本記事は、週刊ファミ通2018年11月15日号(2018年11月1日発売)で掲載された記事に加筆・修正を加えたものです。



まずはタイチ選手にTwitter発言の真意を確認

タイチ (部屋に入るなり)あれ、クソゲー作ったタコは来てないのかよ?

── 松本監督との対談に入る前に、タイチ選手にいくつか質問させていただきます。まずは『ファイプロ ワールド』が発売されたときの、率直な感想をお聞かせください。

タイチ 俺は『ファイプロファンだから、復活するって聞いたときはうれしかったよ。ガキのころにハマった、いちばん遊んだゲームがまたできるんだからな。ネット通販で買ったから、発売日にはインターホンが鳴るたびにテンションが上がったよ。まあ、けっきょく届いたのは発売日の翌日だったけど(苦笑)。

──『ファイプロ』が復活というだけでなく、新日本プロレスとのコラボでタイチ選手自身もゲームに登場しています。

タイチ 現状がどうっていうのは抜きにして、それは本当にうれしいよな。ふつうだったら自分がハマっていたゲームに出るなんてことはないだろ。それもあって楽しみにしていたんだよ。なのにコレかよって。ふざけんなよ。

── 今回の対談の発端となったTwitterの発言では、オンライン対戦のラグについても触れられていましたね。

タイチ 不満なところを挙げていったらキリがないけど、やっぱり今回はシリーズで初めて入ったオンライン対戦が目玉だろ。俺もほかのゲームでもオンライン対戦はよくやっていて、それこそ夜中まで遊ぶぐらいハマっているんだよ。それが『ファイプロ』でもできる、これはヤバいだろ。昔みたいにテレビの前にみんなが揃わなくてもできるのかよ、ってな。で、やるだろ。動きやしねぇんだよ。カクカクして、ボタン押したら1秒か2秒してから反応して。タイミング命で初代『ファイプロ』からやってきて、タイミングが合わねぇとか……バカかって!

── 確かに、パッチで修正される前はかなり挙動がおかしかったですね。

タイチ オンラインは今回が初めてだからってのもあるかもしれねぇけどよ、オフラインもカクカクじゃねぇか。技にしても、俺が使わねぇような技が設定されているから、だいぶ自分でエディットしたよ。実名で出すなら、もっとひとりひとり研究しとけよ! ほかのこともそうだけど、せっかく楽しみにしていたのに、不具合が多すぎるんだよ。こんなもん出してどういうつもりなんだ、っていうのを、今日はじっくり聞きたいね。

── わかりました。このあと松本監督を呼んで来ますので、じっくり聞いてください。




ほかのオンラインゲームは何の問題もなく動いている

── タイチ選手、松本監督を呼んできました。

松本 失礼します(部屋に入る)。

タイチ (机を蹴って)お前か! ボケが!!

松本 すみません……。今日は言い訳をしに来たわけではありませんので、話せることはすべてお話ししたいと思います。

── では松本監督、まずはオンライン対戦の不具合についてお聞かせください。

松本 オンラインの試合については、素直に我々の技術力不足、経験不足です。動作検証が不十分でした。とくにWi-Fi接続のプレイヤーどうしで試合をするとラグがより大きくなる状況について、現在対応中です。一応、LANケーブルを接続していただければ、ある程度遊べるレベルには修正されています。

タイチ まず、Wi-Fiだとダメっていうのがおかしいだろ。ほかのゲームは何の問題もなく動いてるんだよ。

松本 たとえば、FPSなどのキャラどうしが離れた状態でプレイするゲームでは、ラグによる表示差をプログラム的に補正しても違和感ないのですが、『ファイプロ』は相手と組むゲームなので、同じやりかたをすると不自然な見えかたになるんです。なので、位置関係ではなくキー入力をベースにして試合を成立させようとした結果……。

タイチ (話を遮って)中でどうなってるかなんて話をされてもこっちは知ったこっちゃねぇんだよ!! 『グランド・セフト・オートV』では30人以上集まって撃ち合いをするけど、あっちはひとつのラグもねぇし、ちゃんとスムーズに遊べてるんだよ。『地球防衛軍5』だって、あんだけうじゃうじゃ敵が出てきても反応が遅れたりしねぇだろ。昔から変わらない『ファイプロ』のキャラクターどうしの対戦でよ、なんでスムーズにならねぇんだよ!

松本 そう思われますよね、すみません。物理的に必ず発生してしまうラグをゲームの中でどう吸収するか、感じさせない仕組みを入れるかという部分で、『ファイプロ』は押した瞬間の1フレームのズレも許容しない作りとなっていて、ラグが発生したときの不愉快さが、ほかに比べても大きいものとなっています。今後の目標としては、Wi-Fi環境でもある程度ストレスなく遊べるレベルまで改善していきたいと思っています。

タイチ ある程度、じゃなくて、ストレスゼロだろ。もう取り返しがつかないことになってんだよ。「いっしょにやろうぜ」って誘って発売日に買った連中も1回か2回触ってもう遊んでねぇし、俺だって2、3週間は起動もしてねぇよ。ツイッターでも「もう売りましたよ」とか「あんなのいらねぇ」とか。そりゃ言われるわ。だから、最低でもストレスゼロだ。じゃないと、本当にクソゲー認定されるぞ。

これだけ不具合があったのに、なぜ発売を延期しなかった?

タイチ そもそも、発売する前にオンラインで試さなかったのかよ?

松本 もちろんデバッグは行っていました。これは我々の知識、技術力不足ではありますが、開発環境では問題ないレベルで動いていたんです。Wi-Fi回線のチェックについては、回線が不安定な状況での負荷テストなどが足りていなかったのですが、ソフトマスターアップした際にも、その点に気づいていませんでした。何かあれば、パッチでどんどんよくしていこう、という気持ちでした。

タイチ オフラインの試合でもときどき止まるのはどういうことだよ?

松本 その現象を、“一時フリーズ”と呼んでいるのですが、それはデバッグ時に認識していました。『ファイプロ ワールド』はもともとPC向けに開発したのですが、PS4への移植にあたって、PC版にはなかった不具合として出てきたものです。現象が発生しても、それを回避する機能がもともと開発エンジンに組み込まれていて、PCではその機能が働いてゲームが止まることを感じなかったのですが、PS4に移植したことでそれがはっきりと感じられるようになってしまったんです。ただ、これは一時フリーズを回避する機能の不具合として、やはりパッチで対応しようという意向でした。

タイチ それだけ問題があって、なんで発売を延期しなかったのかが理解できねえよ。

松本 おっしゃる通りです。ただ、じつは内部的には予定より2ヵ月ほど発売を遅らせていて、そこからさらに延期するという勇気が僕にありませんでした。いまお話ししたような部分をすべて改修してから出すのが筋だとは思うのですが、僕の判断が甘かったです。

タイチ 間違いなく延期するべきだっただろ。こんな状態で出すから詐欺だのクソゲーだの言われるんだよ。俺みたいに10年以上待ってた人間も、初めて『ファイプロ』を遊ぶ人も、全員を裏切ってるだろ! 100点のゲームを出すのは難しいかもしれないけどよ、これはどう考えても判断ミスだろ!

松本 まさにその通りです。

タイチ しかも、パッチで直すって言ってるけどよ、パッチが当たっても直りきってねぇのがムカつくんだよ。ほかのオンラインゲームだったら、バグとか不具合が出ても、1回直したらもう完璧に直ってるだろ。こんなの『ファイプロ』だけだぞ!(激しく机を叩く)

松本 はい、申し訳ありません……。


── 松本さん、我々は以前オフレコでお聞きしましたが、途中で開発会社が変わった件もお伝えしたほうがいいと思います。

松本 ……わかりました。といっても、これも開発側の事情でしかないのですが、じつはリリース前に1度、開発会社を変えたことがあって、それがその後に影響し続けています。2年半ほど前に『ファイプロ ワールド』を作ろうとなったときに、プロレスに精通した開発会社というのがほぼ皆無な状況の中、「うちならできる」と手を挙げてくださった会社がありました。そこで話し合いをしたうえでお願いをしたのですが、去年の年末、PS4版への移植を開始するころに「もうできません」という声が出てきてしまい……。

タイチ それで?

松本 その時点で、新日本プロレスさんとのコラボも、ゲームの発売日も内々では決まっていたので、大慌てで新しい開発体制を作ったのですが、あまりにも急ぎすぎて、不十分な再稼働となってしまいました。その結果が、いまの状況になっています。すべては開発初期段階での僕の判断の甘さに起因しています。

タイチ だったら、その会社を早いうちに見限ればよかっただろ。そこで発売を遅らせてちゃんと発売できていれば、状況はもっと変わっていたと思うけどな。

松本 そうですね。言い訳でしかありませんが、情に流されてきびしいジャッジを出せませんでした。プロレスへの愛は本当にある会社だったので、そこに期待していた部分もあります。けっきょくは先ほどタイチ選手がおっしゃった通り、早い段階で思い切って切るという決断ができなかった僕のミスです。

── 初日のパッチで改修された不具合もありましたが、発売直後にセーブデータクラッシュしてしまうというバグが発覚しました。

松本 はい。これはオンラインアップロードされた選手をダウンロードして、その数が一定数を超えるとセーブデータが壊れてしまうというものでした。いまはパッチによって数の制限を入れる形で修正されています。もちろんデバッグの段階でも、選手の大量ダウンロードは検証していたのですが、そこから1度電源を落として再起動するとセーブデータが壊れてしまうというのはまったく想定外でした……。デバッグでは再起動を行っておらず、事前にこのバグを発見することができませんでした。

── 内容がかなり深刻なだけに、ユーザーのあいだでも大きな問題となっていました。

松本 ゲームを作る人間としてもっともやってはいけないのは、セーブデータを壊してしまうことだと思います。ユーザーの方の時間を全部無にしてしまいますから。ですので、発覚後はこのバグの修正を最優先で対応して、結果的にほかの不具合については対応が遅れてしまうという悪循環に陥ってしまいました。セーブデータの対応後は、せめてオフラインを快適に遊べるように、一時フリーズの対応をして、そこが落ち着いてからオンラインに着手しようということで、段階を経て対応しています。あらためて開発体制を再構築していますが、今度は慌てずに、しっかり行います。それが落ち着くまでは諸々の対応が遅れがちではあります。



ちゃんと謝罪の場を設けるべきだった

── ユーザーからは、ここまでの状況になってどうして松本監督が説明に出てこないのか、という点も問題視されていました。タイチ選手としてはどう思われますか?

タイチ これだけ声が届いていて、なかなかこういう場に出てこなかったってのも悪いし、そもそも『ファイプロ』を復活させようとした後の行動が全部間違ってたよな。開発会社だとか、気づかなかったバグだとか、不運が重なったってのはあるかもしれねぇけどよ、そんなのゲームを買った人間からすりゃ知らねえよって話だろ。ハッキリ言って、バグが多すぎて8割の連中は離れたろ。俺も離れそうになったし。やっと待ち望んだ『ファイプロ』が復活して、それでこんなことになっちまってんだから、相当な覚悟で挑まないとユーザーは戻ってこないと思うぜ。

松本 僕は、そもそも『ファイプロ』が作りたくてこの業界に入りました。『ファイプロ』は僕の人生を変えたタイトルです。どうせビジネスで関わってるだけだろ、という声も届くのですが、それは本当に違って、スパイク・チュンソフトに入って何度もプレゼンして、やっと通った企画が『ファイプロ ワールド』なんです。だから、もちろん自分のせいなのですが、本当にファンの方と同様、十数年ぶりに復活した『ファイプロ』がこんな状況なのは悔しいです。

タイチ 本当に悔しいのは俺たちユーザーのほうだよ。お前、まさかこのまま終わりにするつもりじゃねえだろ?

松本 もちろん、こんな状態で終わらせるつもりはまったくありません。少なくとも『ファイプロ ワールド』に関しては、自分が生きている限り、時間がかかったとしても最後まで責任を持ってやっていこうと思っています。改善を進めて、不具合の修正、技の追加、皆さんに喜んでもらえるDLCの企画など、長いスパンでしっかりサービスし続けていきます。正直、心が折れかけたこともありますが、最後までしっかりやるのが僕の務めなので、復活させた以上は最後までやっていきます。

タイチ まぁ、ここで逃げたら本当にクソだからな。

松本 ユーザーの方からは、『ファイプロ』に関わるなとも言われました。でも、ここでやめるわけにはいかないんです。これからも『ファイプロ ワールド』をよくしていきます。

タイチ そこまで言われているんだったら、逆にチャンスだよな。いまがマイナス100点、200点とか500点かもしれねぇけど、そこから0点に戻すだけでもがんばったって言われるわけだろ。本気で命を懸けるぐらいでやらないと誰にも伝わらねぇけど、本当に好きな奴は絶対に待ってくれるはずだとは思う。覚悟が伝われば、俺としても離れていった奴らが戻ってくるようなことはしたいと思ってるんだよ。レスラーの中でいちばん『ファイプロ』のことを想ってるのは俺だからな。

松本 ありがとうございます……。こんな状況にしてしまいましたが、もう一度チャンスをいただけるなら、求められているところまで必ず持っていきます。

タイチ あんまり待てねぇから、さっさとやれよ。ただ、「直します」って言うだけじゃいまいち信用できねぇよな。『ファイプロファンの奴らに誠意を示す意味でも、生放送なりイベントなりにちゃんと顔出してしゃべったほうがいいんじゃねぇのか? 記事読むだけじゃ納得できない奴らも多いだろ。

松本 そうですね。僕としてもお伝えはしたいのですが、いまさらどのツラ下げて出たらいいのだろうか? と思ってしまっていて。ただ、いまでも『ファイプロ』を気にかけてくださっているユーザーさんたちは、この後どうするのかという部分を知りたいと思います。不具合の修正やDLCの展開に関するロードマップなどについては、必ず機会を設けてお話しさせていただきます。もう一度ゼロからやらせてください、と頭を下げられれば、と思います。

タイチ いいじゃねぇか。謝罪会見だよ謝罪会見。それだけの覚悟があるなら、俺もいっしょに会見に出てやるよ。俺は謝罪はしねぇけど、お前の頭を下げさせてやるよ。ついでにトーナメントでも開いて、勝ち上がった奴が俺と対戦できる“タイチ杯”でもやれよ。

松本 タイチ選手さえよろしければ、そちらも真剣に検討させてください。しっかり修正して、それを皆さんに認めていただけた後のお話として。

タイチ ちゃんとやらねぇと、その場で頭刈り上げるからな。覚悟してやれよ。

松本 わかりました。今日はありがとうございました


松本監督の会見が正式決定!

 タイチ選手が提案した、松本監督がユーザーに直接謝罪するための会見が正式決定した。日時は2018年11月13日(火)22時から、ファミ通チャンネルhttp://live.nicovideo.jp/gate/lv316758159)にて行われる。会見は、ファミ通チャンネル会員以外の方でも視聴可能なので、『ファイプロ ワールドユーザーはぜひ視聴してほしい。