11月8日に放送された「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、モデルの瑛茉ジャスミン、二胡奏者のKiRiKo吉本新喜劇・末成由美がゲスト出演。激辛女王の座を懸けた第2回激辛頂上決戦が開催されるも、スタジオはもちろん、SNS上も「見てるだけで辛い!」「からいじゃなくて、つらい!!」「瑛茉、男前すぎるw」といった阿鼻(あび)叫喚コメントがずらりと並ぶカオスな事態に陥った。

【写真を見る】蒙古タンメン中本に笑顔の二胡奏者KiRiKo

第1回激辛頂上決戦開催後、激辛台湾ラーメンを供した「酒処はいじあ」に殺到した激辛ファンの完食記録が乱立したため、現女王・瑛茉は35辛(ハバネロ粉35杯追加)の台湾ラーメンに挑戦して根性で完食。

「おなかがぐるぐる言うよぅ(汗)」とさすがに体が悲鳴を上げてしまい、「もしこれでみんなが35(辛)、36(辛)食べようもんなら、瑛茉、もう40(辛)いくしかなくなっちゃうから、ちょっとみんな瑛茉のためにもう食べないでください(笑)」と訴え掛けた。

そんな激辛女王に、激辛料理専用SNSアカウントを持つ二胡奏者・KiRiKoと、関西人にはおなじみの吉本新喜劇・由美姐さんが、激辛頂上決戦に参戦。

3人が挑むのは、激辛専門店・赤い壺の地獄の鬼辛麻婆豆腐で、世界で2番目に辛いといわれる唐辛子・トリニダースコーピオンを煮詰めたペーストを仕上げに7杯加えて完成するという逸品。

スタジオに配膳されるや否やマツコデラックスが「うおー、すげぇきた! 目にくる!! これ、ホントに無理しないでね」とちゅうちょするほどの激辛臭を漂わせ、試食した全員がほえる、震える、奇声を発するなど、衝撃シーンが展開された。

試食した全員が氷を舐めて唇や舌を癒やす中、由美姐さんは一口でギブアップ。静かに食べ進めていたKiRiKoも、番組収録後にライブが控えていると判明したために矢部浩之(ナインティナイン)が強制終了させる事態に。

しかし瑛茉は「あと2口で完食できるので。大丈夫です」と見事完食。「すごいおいしかったです。ごちそうさまです!」と手を合わせる瑛茉へ、矢部は「偉いな、この子は」と拍手を贈り、マツコも「絶対この子は食べる! どんな辛くても」と称賛。瑛茉は「倒れるまで頑張りましょ」と笑顔で返してスタジオを沸かせた。

SNS上では、深夜の激辛食テロに番組を見ることすら断念する視聴者も。善戦したKiRiKoと激辛女王の座を防衛した瑛茉のSNSには、ファン視聴者からの応援コメントが多数寄せられた。

次回の「アウト×デラックス」は11月15日(木)放送。ゲストに女優の工藤綾乃が出演し、国民的美少女といわれながらも酒に溺れるに至った経緯を告白する予定。(ザテレビジョン

激辛女王の底力を見せつけた瑛茉ジャスミン