警視庁捜査一課が8日、札幌市で当時4歳だった女児にわいせつな行為をしたとして、自営業 池谷伸也容疑者(43=同罪などで起訴)を強制わいせつの疑いで再逮捕した。


・合わせて読みたい→
女子高生が線路への飛び込みをライブ配信…拡散される映像に怒りの声(https://cocokara-next.com/stress/voice-of-anger-in-the-video-which-is-spread/)

 捜査一課の調べによると、池谷容疑者は2014年8月2日札幌市内のアパートの階段で帰宅途中の女児に「虫が付いている。取らないといけない」などと声を掛けてわいせつな行為をした疑い。

同年に東京都に転居し、都内で保育園小学校に通う女児にわいせつな行為をしたなどとして逮捕されていた。今回が4回目の逮捕でさらに幼児や児童を狙った余罪もあるとみられる。

 性犯罪の深刻さを表しているのが「4回目」という逮捕歴だ。強制わいせつは刑法第176条で「13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする」と定められている。ネット上では「4歳児に手を出すなんて…何度逮捕されても更生は無理でしょう。性犯罪の処罰が軽すぎます」、「犯罪者に優しく犠牲者に厳しい日本刑法を改正したら票なんか思いのままだろうになんで政治家は手を付けないの?」、「死刑とまでは言わんから、社会に出さないで欲しい。もう更生プログラムみたいなもんじゃ治らんでしょ。誰だって5回目があると思うわ」と刑法改正を求める声が相次いだ。

中には「世の中の子ども達のためにも。幼児性愛者、再犯なら即去勢してGPS装着の上地域に所在を明らかにしてほしい。子供を持つ身として切実です」という意見も。被害に遭った女性はこれからの人生でこの事件がトラウマになる可能性がある。今までも議論の遡上に載せるテーマとして何度も取り扱われてきたが、性犯罪の罰則を再考する必要があるかもしれない。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「性犯罪の刑が軽すぎる」 4歳児に強制わいせつで男が4回目の逮捕に怒りの声殺到